アップル製品はAmazonがお得→詳しくはこちら

楽天モバイル|長崎(パートナー回線エリア)の通信速度&節約方法

長崎(楽天回線エリア外における楽天モバイルの『通信品質』って良いの?それとも悪いの?

楽天モバイルのパートナー回線(au)エリアにおける通信品質の良し悪しを検証するために、長崎における楽天モバイルの『通信速度』を測定してみました。

楽天回線エリアではない地域として「長崎」で、楽天モバイルの通信速度はどれくらいになるのでしょう?

長崎地域に住んでいる方、もしくは楽天モバイル回線エリアではない地域にお住まいの方で、楽天モバイルへの新規加入を検討されている方は是非ご覧ください。

目次

楽天モバイルについて

楽天モバイルは300万人まで1年間¥2,980円のデータ通信が完全無料の『Rakuten UN-LIMIT Ⅴ(楽天アンリミット5)』という通信サービスを打ち出し、新規加入者がどんどん増えています。

1年間データ通信が完全無料(300万人迄)

私もそれに便乗し楽天モバイルに加入後、月々の通信料金をとても安く済ませています。

どのくらい安いのか、楽天モバイル専用アプリ(my楽天モバイル)を使ってみた私の月々の利用料金を示すと以下のようになります。(※楽天の通話回線を利用した場合の電話料金は別途かかっています。)

  • 2020/12月分 ¥396
  • 2021/1月分 ¥1,144

通常は月額¥2,980円(税別)であるサービスが、300万人まで1年間無料。しかもデータ通信使い放題の無制限プラン

しかも、楽天モバイルならいつ解約しても解約手数料などの費用が発生しませんから、別のキャリア、もしくは今注目のサブブランド「ahamo」や「Povo」、「ソフトバンクonLINE」に乗り換える場合でも解約金なしで乗り換えることができます。

いつ解約しても手数料ナシ!

なので、私にとって楽天モバイルの通信サービスは、大きく以下の2つの点で大満足しています。

  • 通信がタダ無制限に使える。
  • 解約しても手数料がかからない

そんな大盤振る舞いの楽天モバイルなのですが、1点だけ契約することを悩ませるジレンマ(葛藤)があります。

それはズバリ楽天モバイルの『回線エリア』が少ないということ。

楽天モバイルは回線エリアが未整備の地域がまだまだ多いことが原因で、『電話の繋がりやすさ』や『通信品質』を気にして契約しにくい人がたくさんいると思われます。私も以前はそのうちの一人でした。

疑問

電話が繋がりにくいんじゃないかな・・・

疑問

通信速度が遅いんじゃないかな・・・

楽天モバイルは1年間データ通信料金が「無料」。だけど住んでいる地域が楽天回線エリアではないから、電話や通信が繋がりにくかったりするのだろうか?

楽天モバイルのサービスに魅かれているけれど「通信が繋がりにくいのではないか?」と思っている方のために、楽天回線エリアに該当しない長崎市内を例にして、楽天モバイルの『通信速度』について検証してみました。

全国の楽天回線エリアについて

楽天モバイルは2020年4月8日、ドコモやau、ソフトバンクに続く『第4のMNO(通信キャリア)』として通信サービスを開始しました。

楽天モバイルは基地局(アンテナ)の数を徐々に増やし、通信回線エリアを少しずつ拡大しています。

とはいえ、ドコモやau、ソフトバンクと比べると楽天回線はまだまだ普及していません。

基地局の整備が行き届いてる主な地域は「東京都」、「神奈川県」、「千葉県」、「愛知県」、「大阪府」、「京都府」、「兵庫県」といった都心部が中心です。

濃いピンク色の地域が「楽天回線」、薄いピンク色の地域はパートナーの「au回線」になります。

全国の楽天回線エリア(2021)

全国的にみても、楽天回線エリアは都心部やごく一部の地域に限られていることが分かります。

長崎の楽天回線について

九州の西側にあたる『長崎』。

私が生まれた町でもあり、今現在住んでいる町です。

長崎における楽天回線エリアを確認してみるとほぼパートナー回線『au 4G LTE』であることが分かりました。

濃いピンク色の地域が「楽天回線」、薄いピンク色の地域が「au回線」になります。

長崎県内における楽天回線エリア

楽天モバイルの基地局の整備が行き届いていない地域では、KDDIと沖縄セルラー電話の『au(4G LTE)』に回線に繋がるようになっていて、長崎もそのうちの1つ。

長崎に限らず、全国的にみても楽天回線のエリアはまだまだ普及していない様子。

「長崎で楽天モバイルを利用するには時期尚早だったかも・・・」と楽天モバイルに加入したことを後悔する気持ちが一瞬過ります。

でも待てよ・・・。

『楽天回線に繋がらないエリアだとしても、パートナー回線(au回線)の通信速度が速ければ不自由なく使えるのでは???』

そう考えた私は一旦気持ちを切り替え、パートナー回線である『au回線』に繋がっているときの通信速度について検証してみることにしました。

長崎(パートナー回線)の通信速度

長崎と同じようにパートナー回線(au回線)のエリアが圧倒的地域では、楽天モバイルの通信回線は『au回線』になります。

そのためパートナー回線である「au回線」の通信品質が良ければ、たとえ楽天回線エリアに該当しない地域でも、楽天モバイルで十分満足のいくサービスを受けることができるはずです。

そこで通信品質の水準の1つである『通信速度』が、楽天モバイルのパートナー回線である「au回線」でどのくらいになるのか測定してみることにしました。

測定方法

楽天モバイルの通信速度を測定するツールとして用いたのは、信頼ある『Speedcheck(スピードチェック)』というアプリ。

「Speedcheck」アプリは以下のボタンからiPhoneでもandroidスマホでもダウンロードして利用することができます。

スピードテスト 回線速度 Speed Test Check
スピードテスト 回線速度 Speed Test Check
開発元:Etrality GmbH
無料
posted withアプリーチ

測定の条件

今回、楽天モバイルのパートナー回線(au)の通信速度を測定したときの条件はこちら。

条件内容
時間帯通信が混雑する昼間
回数10回
場所長崎市内
パートナー回線エリア
機種iPhone12mini
測定方法Speedcheckアプリ
測定条件

測定場所は、楽天回線エリアではない長崎市内。

時間帯は、1日のうち一番通信が混雑する昼の11:00頃。

測定回数は偶然を避けるため、10回ほど測定。

使用したデバイス(機種)はiPhone12mini。

測定方法はiPhoneにダウンロードした『Speedcheck』アプリ。

測定結果

長崎市内のパートナー回線(au回線)エリア内で、iPhone「Speedcheck」アプリを使ってパートナー回線(au回線)で通信しているときの通信速度を測定すると以下のような結果に。

回数通信ダウンロード(受信)
Mbps
アップロード(送信)
Mbps
1回目LTE51.499.33
2回目LTE53.509.49
(最大)
3回目LTE54.858.23
4回目LTE55.52
(最大)
7.82
5回目LTE53.026.78
6回目LTE55.208.49
7回目LTE53.167.24
8回目LTE49.848.76
9回目LTE55.268.24
10回目LTE55.509.15
楽天モバイル パートナー回線 通信速度 測定結果

測定結果が出た実際の画面(Speedcheckアプリ)は以下。測定したときの時間は11:22です。(11回測定しています・・・)

10回行った測定結果より、ダウンロードの最大速度は55.52Mbpsアップロードの最大速度は9.49Mbpsでした。

平均するとダウンロード53.8Mbpsアップロード9.31Mbps

楽天モバイル パートナー回線(au)
平均 通信速度

ダウンロード:53.8 Mbps
アップロード:
9.31 Mbps

長崎県内におけるauの平均通信速度はダウンロードが47.81Mbps、アップロードが12.88Mbpsとされていますので、楽天モバイルのパートナー回線はauの通信品質とほぼ同等と考えるこができます。

目からうろこの人

じゃあ楽天回線エリアでない地域でも
auと同じ通信速度であれば問題ナシだね!!!

ガジェキング

でも1つだけ注意しておく点があるんだ。
それはパートナー回線のエリア特有の
注意点だからよく知っておく必要があるよ。

次の章では楽天モバイルを利用する際に「通信速度」について注意しておくべき点を説明します。

楽天モバイルの注意点

楽天モバイルのパートナー回線(au)エリアでは、ひと月の『5GB』というデータ通信制限があることを注意してください。

パートナー回線(au)エリア
↓↓↓
5GB/月データ通信制限

5GBのデータ通信量を使い果たしてしまったら、通信速度が1Mbpsに制限されます。

疑問

通信速度が1Mbpsになったら、通信が遅くなって
何もするにも不便に感じるのかな???

ガジェキング

1Mbpsの通信速度で不便に感じるところもあるけれど、
実は全然不自由に感じないことの方が多いよ。

1Mbpsの通信速度でも『できること』・『できないこと』を分かりやすくまとめてみました。1Mbpsの通信速度制限が不安に感じる方にオススメです。

通信速度が制限されないないように、通信量を節約する方法があります。

次章では、楽天モバイルの通信量を節約する方法を説明します。

通信量を節約する方法

楽天モバイルのパートナー回線(au)エリアでは、通信回線が楽天回線ではなくau回線になるため、月々5GB以上のデータ通信を行うと通信速度が1Mbpsに制限されます。

そのため、できるかぎり5GBというデータ通信量を無駄に消費しないための『節約方法』が楽天モバイルにはあります。

アプリを利用

楽天モバイルのデータ通信量を節約するには『my楽天モバイルアプリを使います。

my楽天モバイル』アプリは、iPhoneでもandroidスマホでもダウンロードすることができます。

my 楽天モバイル
my 楽天モバイル
開発元:Rakuten Mobile, Inc.
無料
posted withアプリーチ

my楽天モバイル アプリを開くと、今月利用できる「残りのデータ通信量(利用量)」や、「日々のデータ消費量」、月々の「支払い金額」などの楽天モバイルの利用状況を全て確認することができます。

my楽天モバイル アプリ画面

データ通信量を節約するためにはアプリ画面の『データ高速モード』をOFFにしていること。

データ高速モードを「OFF」にしている状態と「ON」に切り替えたときを比べてみると・・・

・データ高速モードがOFFのとき

・データ高速モードがONのとき

データ高速モードをOFFしているとき、つまり節約モード時のデータ通信速度の平均は・・・

ダウンロード0.68Mbpsアップロード0.44Mbps

データ高速モードをONしているときのデータ通信速度の平均は・・・

ダウンロード53.8Mbps、アップロード9.31Mbps

このように楽天モバイルでは「アプリ(my楽天モバイル)」を使い通信速度を制御して、月々のデータ通信の消費量を大幅に節約することができるんです。

楽天モバイルはアプリを使って簡単に通信速度を制御することができ、パートナー回線(au)エリアであっても月々のデータ通信量を5GBに抑える調整ができます。

まとめ

楽天モバイルは300万人まで1年間データ通信が「無料」という『Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミテッド)』がとても魅力的な反面、まだまだ少ない基地局(アンテナ)によりパートナー回線(au)で通信を行うことしかできないエリアが多いことが唯一の弱点です。

しかし今回「長崎」を例にしたパートナー回線(au)エリアでの通信速度の測定結果から、auと同じ通信品質で不自由なく通信サービスを受けることができることが分かりました。

また、楽天モバイルのパートナー回線(au)エリアの注意点として、月5GB以上の通信量を消費した場合は1Mbpsの通信速度に制限されることに加え、アプリを使った通信量の節約方法についてまとめて紹介しました。

月々に使用するデータ通信量が5GB以内に抑えられる方や1Mbpsの通信制限を気にしない方は、アプリで通信速度を制御しながら1年間データ通信が無料の楽天モバイルを利用してもいいのではないかと思います。

1年間データ通信が完全無料(300万人迄)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる