アップル製品はAmazonがお得→詳しくはこちら

iPhone12mini 最薄・最軽量・最安 おすすめケース【TOZO】

iPhone12miniおすすめケースをご紹介。今回紹介するケースの特徴は『薄い』『軽い』『安い』の3つを兼ね備えた人気の「TOZO(トーゾー)」というケース。どんなケースがじっくり見ていくとする。

本ブログではiPhone12miniに関連する様々な最薄・最軽量ケースを紹介している。

>超クールなケース「CASEFINITE」<
>たった5g最薄・最軽量ケース「memumi」<
>最薄で最安ケース「TOZO」<

今回ご紹介する『TOZO(トーゾー)』のケースはこれまで紹介してきた「CASEFINITE(ケースフィニット)」とmemumi(メムミ)ケースに比べ、何が決定的に違うのだろう・・・。

それは価格だ。

スクロールできます
仕様CASEFINITE
(ケースフィニット)
memumi
(メムミ)
TOZO
(トーゾー)
厚み(mm)0.60.30.35
重量(g)1055
価格(税込)¥2,749¥1,570¥899

TOZO(トーゾー)』のケースは、CASEFINITE(ケースフィニット)memumi(メムミ)ケースよりも圧倒的に安い

しかも『TOZO(トーゾー)』ケースはその安さではなく、上の比較表からも分かるとおりそのさとさもほぼCASEFINITE(ケースフィニット)memumi(メムミ)のケースと同等、いやそれ以上薄い軽い

では『TOZO(トーゾー)』ケースのすばらしさを人気が高いCASEFINITE(ケースフィニット)memumi(メムミ)ケースと比較しながら見ていくことにしよう。

目次

開封&外観

TOZOケースAmazonで注文し最短で1日で届く。

開封前。iPhone12miniを横に置いて比較するとパッケージはそこそこ大きいサイズ。

パッケージ裏面。パッケージ自体は薄いビニールで覆われている。

中身を取り出すと、ケース本体と1枚のカードは同封されている。

同封されたカードは英語。Googleレンズで翻訳してみると、1年間の有効保証を示すものだった。

カメラで翻訳!超便利なGoogleレンズって?

ケースを取りだし手に取ってみる。やはり超絶に薄くて軽いことを実感する。

カメラレンズ周りは大きくくり抜かれている。この点はCASEFINITE(ケースフィニット)と同様である。

カメラレンズ周りの保護については、TOZOケースよりもレンズ周りを完璧に覆うmemumi(メムミ)ケースに軍配は上がる。

たった5gしかないその軽量さで有名なmemumiケースの詳細は以下。

今回購入したiPhone12mini用TOZOケースのカラーは『クリアブラック』。半透明でありながらブラックの色がとても渋い。

TOZOケースの特徴はiPhone本体のサイズ感にピッタリと合わせた精巧な作りにある。TOZOケースの側面や下部、カメラレンズ周りを一通り撮影、その確たる証明ができた。

とても薄いTOZOケース。その外観から、軽い力を加えるとこのようにしなやかに曲がる。

他ケースとの比較(VS CASEFINITE

人気のあるCASEFINITE(ケースフィニット)のフロントエアケース(色;スモークブラック)と比較してみると、その外観こそあまり変わりないが、色の面では明らかに右のTOZOの方がチャコールグレーっぽい。黒っぽいのはCASEFINITE(ケースフィニット)の方であることが分かる。

それともう1点。

iPhone下部のサウンドホール部分を比較すると、CASEFINITE(ケースフィニット)のホールの大きさに比べて、TOZOケースのホールは小さいことが分かった。

このサウンドホールの大きさの違いから、CASEFINITEよりもTOZOケースの方がiPhone本体に限りなく近い精密な設計になっている可能性がある。

カメラレンズ部分のケース高さはどうだろうか?比較してみると、TOZOケースよりも若干CASEFINITE(ケースフィニット)のケースの方が高さを感じた。

カメラレンズ部分CASEFINITETOZO
高さ(mm)0.50.3

つまり、カメラレンズ部分の保護力としては、ケースの高さが十分ある『CASEFINITE(ケースフィニット)』の方がTOZOケースよりも上であると感じる。

iPhone12miniへ取り付け

TOZOケースをiPhoneへ装着するときは若干のコツがいる。

何せTOZOケースはiPhoneのサイズに完全にピッタリとなるように設計されているため、取り付けるときに少し力とコツがいるのである。

STEP
はじめにiPhone下部(サウンドホール側)をケースに入れる。
STEP
次にiPhone上部をケースに入れ込む。(ケースを曲げないように注意が必要)
STEP
完了。

TOZOケースは、iPhone下部から入れて最後に上部の部分を力を入れて押し込んで取り付ける。このときTOZOケースは柔らかい素材でできているため、無理やり押し込んでケースに入れようとすると、ケースが折れ曲がってしまう恐れがあるので注意が必要である。

装着後の外観

TOZOケースを取り付けたあとのiPhone12miniを様々な角度から撮影してみた。

背面

かなりシックでクールな感じ。

別の角度からiPhone12miniに取り付けたTOZOケースを観てみる。

側面・下部

左右の側面と下部の部分。

各種ボタンやホールに完全にフィットし、一体化していることが見て取れる。

正面

正面から。まるでケースをつけていないかのような外観。

斜めから。

ゴールド色のアップルロゴ

個人的にTOZOケースについて気に入った点は、TOZOクリアブラックケースを付けると、シルバーである『アップルロゴ』が若干ゴールドに見えるところ。

CASEFINITE(ケースフィニット)フロントエアケースと比較していると、アップルロゴのカラーの違いに気づかされた。以下の右側の写真はCASEFINITE(ケースフィニット)のフロントエアケースを取り付けたiPhone12miniの背面。アップルロゴは本来のシルバー色であることが分かる。

まとめ

今回もiPhone12miniにピッタリ合う最薄で最軽量のケースを紹介した。

これまでレビューしてきた『CASEFINITE(ケースフィニット)』や『memumi(メムミ)』に続くおすすめケース『TOZO』。

TOZO決定的な違いはその価格だ。

CASEFINITEのケースが税込み¥2,700円以上、memumiケースが税込み¥1,500円以上するのに対し、『TOZO』は同じような薄さと軽さを兼ね備えながらなんと税込み¥899円という破格の安さ

TOZOケース 税込み¥899円
それであっても最薄・最軽量・精巧な設計

くて、「くて、iPhone本体サイズに「完全フィット」、さらに¥1,000円を切るほどの財布にも優しいケースは『TOZO』以外には見当たらない。

その安さと精密な設計性からぜひTOZOケースを一度は試してみてほしい。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次
閉じる