アップル製品はAmazonがお得→詳しくはこちら

楽天モバイルUN-LIMITⅥ利用状況・料金の確認方法

2021年4月1日から始まった楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅵはひと月のデータ通信が1GB未満であれば¥0円、1~3GB未満であれば¥980円、3~20GB未満であれば¥1,980円、20GB以上では無制限で¥2,980円という段階式の定額プラン。

iPhone12シリーズ価格比較

楽天モバイルのiPhone12シリーズはSIMフリー

つまり楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅵは、利用したデータ通信量次第でその月の支払金額が決まるというプラン。

なので毎月の請求金額を想定しておくためには『一体今どのくらいのデータ通信量を利用しているのか?』ということを自分自身で確認し把握しておく必要があります。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
ご利用の流れ

そこで、2021年楽天モバイルUN-LIMIT Ⅵの利用状況を全て把握できるアプリ『my楽天モバイル』について分かりやすく解説していきたいと思います。

『my楽天モバイル』を使うことで、楽天モバイルUN-LIMIT Ⅵの利用状況、つまりデータ利用量、通話時間、SMS利用件数、利用料金の全てを把握することができます。

目次

my楽天モバイルアプリについて

楽天モバイルUN-LIMIT Ⅵの利用状況(データ利用量、通話時間、SMS利用件数、利用料金)の全てを把握するには、my楽天モバイルという楽天モバイル専用アプリを自分のスマホ(iPhone・android両方可)にダウンロードする必要があります。

料金ページ
my楽天モバイル アプリ
楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

my楽天モバイルのダウンロードは以下から行うことができます。

my 楽天モバイル
my 楽天モバイル
開発元:Rakuten Mobile, Inc.
無料
posted withアプリーチ

my楽天モバイルの初期設定として「位置情報」提供への同意を求められます。「同意する」を選択しますが、「同意しない」を選択したとしてもmy楽天モバイルの利用はできます。

位置情報の協力

「同意する」を選択したとき、もしスマホ側で「位置情報」をOFFしている場合は以下のようなメッセージが表示されますのでスマホ側で位置情報の設定をONにしてください。(以下はiPhoneの例)

次にmy楽天モバイルのアプリに関する今後のアップデートの情報や最新情報の通知受け取りに関するメッセージが表示されます。ここは「許可」を選択するようにしてください。

すでに楽天IDをお持ちの方は「Rukuten IDでログイン」を選択してください。楽天市場などをご利用されたことない方は「新規お申込み」を選択し、楽天専用のIDとパスワードの新規作成が必要になります。

楽天回線エリアなら高速で完全データ使い放題

楽天市場の「ID・パスワード」が必要

my楽天モバイルのアプリを利用するためには、楽天市場で登録しているログイン情報が必要になります。ログイン情報とは楽天市場で利用している「ID」と「パスワード」のことです。

my楽天モバイルを利用するときの初期設定として以下の画面が起動しますのでで、楽天市場で利用しているIDパスワードを入力します。

UN-LIMITⅥ利用状況の確認(データ利用量)

UN-LIMIT Ⅵの利用状況として把握しておきたいことの1つに『データ利用量』があります。

データ利用量は毎月の利用料金と密接に関わっているので、常に確認しておくことが重要です。

楽天モバイルUM-LIMIT Ⅵのデータ利用量は、my楽天モバイルアプリを使うことで全て把握することができます。

my楽天モバイルの最初の画面では、今月分のデータ利用量がすぐに確認できるようになっています。以下は私が利用しているmy楽天モバイルの実際の画面です。2021年5月1日~5月9日間のデータ利用量になります。

上記の見方として、月始まってわずか9日間で3.26GBのデータ通信量を利用していることになります。

楽天/パートナー各回線で使ったデータ利用量も把握ができる

my楽天モバイルアプリでは「楽天回線」と「パートナー回線」のそれぞれの回線で使ったデータ利用量も確認することができます。

月3GB・電話し放題で¥440円の仕組み

tつつkつき月

楽天モバイル月々の請求金額を公開

さらに上記画面の「直近のご利用状況」部分では、日々のデータ利用量の変化をグラフ上で確認することもできるようになっています。

今週・今月・先月・過去60日間分のデータ利用量の把握ができる

2021年5月時点のmy楽天モバイルでは、今月分のデータ利用量だけでなく「今週分」、さらに過去のデータ利用量については「先月分」と「過去60日分」を遡って確認することができます。

「期間を選択」の“今月”の部分を「先週・先月・過去60日間」のプルダウンメニューから選択することで確認できます。

2021年 1Mbps通信速度で困ること

このような操作で、私の先月分(2021年4月)のデータ利用量を実際に確認することができました。

UN-LIMITⅥ利用状況の確認(通話時間)

UN-LIMIT Ⅵの利用状況として確認しておきたいことの1つに『通話時間』があります。

my楽天モバイルアプリを使えば、楽天モバイルで通話した時間を全て確認することができます。

「通話」タブに切り替えると今月分の通話時間を確認することができます。

無料にならない有料電話番号

通話時間は今月分以外に、「今週」、「先月」、「過去60日間」分を把握することができます。

「無料」と「有料」の通話時間をそれぞれ把握できる

my楽天モバイルでは、楽天リンクアプリを使って無料で通話した時間と、通常の純正電話アプリを使って有料で通話した時間をそれぞれ把握することが可能です。

楽天モバイルでの通話料金は、楽天リンクという楽天専用アプリを使うことで無料、楽天リンクアプリを使わずスマホの純正電話アプリを使って通話した場合は30秒で¥20円の通話料金が発生します。

また楽天リンクアプリを利用できない有料電話番号が存在します。詳しくはこちら

UN-LIMITⅥ利用状況の確認(SMS利用件数)

UN-LIMIT Ⅵの利用状況として把握しておきたいことの1つにSMSの利用件数があります。

my楽天モバイルアプリを利用することで、送信したSMS(ショートメール)の利用件数を全て把握することができます。

「SMS」タブに切り替えると送信したSMS利用件数を確認することができ、通話時間同様「今週分」、「今月分」、「先月分」、「過去60日間分」を把握することができます。

以下は私の先月分(2021年4月)におけるSMS利用件数です。21件となっています。

楽天モバイルでは、楽天リンクアプリを利用することでSMSの利用料金は全て無料。

楽天リンクアプリを使わずスマホ純正のSMSアプリを使ってSMSを送信した場合は、全角70文字で税込¥3円の利用料金が発生します。

ただしiPhoneを利用している方は2021年6月15日からSMSの利用料金が高くなる可能性があります。

理由は、2021年6月14日に行われる楽天リンクアプリのiOS版の仕様変更が影響しています。

iPhoneユーザーSMSの利用料金が高くなる可能性(2021/06/15~)

楽天モバイルでiPhoneを使っている人は、2021年6月15日からSMSの利用料金が高くなる可能性が大!その理由はズバリ楽天モバイルによる突然のiOS版楽天リンクアプリ仕様変更です。

今回のiOS版楽天リンクアプリの仕様変更の中で何が一番重要かというと、

iPhoneユーザーのSMS利用料金が高くなってしまう
可能性があるということ。

これまで楽天モバイルのiPhoneユーザーは、楽天リンクアプリさえ使ってSMSを送信していれば、SMSを何件送信しようが利用料金は一切かからず¥0円でした。

しかしその時代も2021年6月14日をもって終焉を迎えます。

iPhoneユーザーは2021年6月15日以降、楽天リンクアプリからSMSを送った場合でも、送信先の相手が楽天リンクアプリを利用していなければ全角70文字で税込¥3円のSMS利用料金が発生します。

なので、楽天モバイルのiPhoneユーザーは楽天モバイルではない相手にSMSを送ると料金が発生してしまうのでSMSの利用料金が高くなる可能性が十分考えられます。

UN-LIMITⅥ利用状況の確認(利用料金)

楽天モバイルを検討している方、あるいは楽天モバイルユーザーでUN-LIMIT Ⅵの利用状況として一番確認しておきたいもの、それは月々の『利用料金』でしょう。

UN-LIMIT Ⅵ今月の請求金額がどのくらいになるのか….

楽天モバイルUN-LIMIT Ⅵの利用料金は「my楽天モバイルアプリ」を使うことで全て確認することができます。

my楽天モバイルアプリを開き画面右下の「利用料金」をタップします。

my楽天モバイルアプリから確認できる利用料金

上記の利用料金は、私の2021年4月分の利用料金になります。2021年4月の請求料金は税込みで¥286円ということになります。

利用料金の内訳は画面下スクロールの操作で「利用内訳」という名目で確認することができます。「利用内訳」の内容は大きく2つ。

  • 回線ご利用料金
  • その他

私のこの月の回線利用料金は¥160円(税別)、その他は¥100円(税別)でした。合わせた金額¥260円(税別)がこの月の請求料金¥286円(税込)となっています。

回線ご利用料金について(利用内訳)

『回線ご利用料金』について解説します。

回線ご利用料金には、その月に利用したデータ通信料金としてRakuten UN-LIMIT Ⅵ(1回線目)におけるデータ利用料金(¥1,980円)と通話料金(¥160円)、そしてその月に適用されている割引サービス(月額プラン料金1年間無料 -¥1,980円)が表示されます。

このように回線ご利用料金にはその月のデータ利用量に基づいた「①通信利用料金」と「②通話料金」、そして現在適用されている「③割引サービス」の内容が表示されています。

①データ通信利用料金(UN-LIMIT Ⅵ)

私の場合、この月のデータ利用量は楽天回線とパートナー回線(au)合わせて10.54GBでした。

データ利用量

10.54GBなので、3~20GBの範囲のRukuten UN-LIMIT Ⅵ(1回線目)料金に該当、税別¥1,980円の利用料金となっています。

データ利用料金

②通話料

回線ご利用料金には「通話料」という表示で、その月の通話料金が表示されます。

通話料

国内での有料通話時間が3分40秒、楽天リンクアプリを使った無料通話が21分46秒でした。

なので本来なら3分40秒分(=220秒)の通話料金¥330円(220×1.5円)が請求されそうです。しかしなぜか通話料は税別¥160円となっています。

my楽天モバイルに表示されている通話時間は相手が電話してきた場合の時間も合計されていると思われ、そのためmy楽天モバイルから確認できる通話時間から正確な「通話料」を計算することは難しい現状💦

出来ることなら通話時間は自分がかけた分の時間だけを表示してほしいものです。

③割引サービス(例:月額プラン料金1年間無料)

回線ご利用料金には、その月に適用されている「割引サービス」の名目と料金が表示されます。私の場合、1年間データ無制限無料プランが適用されているため、「月額プラン料金1年間無料」と表示されています。

月額プラン料金1年間無料とは「1年間データ無制限無料キャンペーン期間中」であることを示しています。

普通ならRukuten UN-LIMIT Ⅵの定額プラン¥1,980円のデータ利用料金がかかるところ、無料期間中なので-¥1,980円という割引料金が表示されています。

その他(利用内訳)

利用料金の内訳として、データ通信利用料、通話料以外に「その他」という料金があります。

私の場合、毎月の利用料金を「楽天銀行」から自動引き落としにしているため、口座振替手数料の¥100円(税別)が「その他」の料金に表示されています。

口座振替手数料

まとめ

今回は、自分のスマホを使って簡単に楽天モバイルの利用状況を確認できるアプリ『my楽天モバイル』について解説してみました。

my楽天モバイルアプリさえダウンロードすれば、自分のスマホで楽天モバイルの月々の「データ通信利用量」や「通話時間」、「SMS利用件数」、「利用料金」を簡単に確認することができます。

これから楽天モバイルへの乗り換えを検討している方、あるいはすでに楽天モバイルを使っていて毎月の利用状況を知りたい方は、本記事でmy楽天モバイルアプリの使い方、見方について確認してみてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる