Apple Watch Ulutra⇒★3%OFF★

Apple認定整備済製品 新着・入荷情報をいち早く知るための裏ワザを紹介

  • URLをコピーしました!

Appleの認定整備済製品は、市場に出回る新中古品とは違い、Appleの厳しい品質基準をクリアした新品同様のアップル製品です。

2022 アップル新製品まとめ

そのApple認定整備済製品は、アップルの公式サイトから確認し購入することができます。

Apple認定整備済製品の特徴はなんといってもその『安さ』。新品同様であるにもかかわらず、通常価格より非常に安く購入できることで有名です。

そして、すぐに完売してしまうことでも有名です・・・(泣)

たまたま公式サイトで見かけたApple認定整備済製品を『ほしいっ!!』と思ったとき、後で見るとすでに完売し購入できなかった・・・・

なんてことを筆者は数十回、数百回と経験しました。

ほしい時になかなか手に入れることができない人気のApple認定整備済製品。

疑問

ほしい時にApple認定整備済製品を手にすることができる方法はないものか・・・・(悩)

どうすればすぐに売れてしまうApple認定整備済製品を手に入れることができるのか・・・色々と調べた結果。

認定整備済製品が入荷された情報そのタイミングを知ることができる方法を見つけました。

ということで、Apple認定整備済製品の入荷時にいち早く知って購入を検討したいと思っている方のために、裏ワザといってもいいその方法を記事にまとめてみましたのでご覧ください♪

目次

Apple認定整備済製品について。

本記事をご覧頂いている方のほとんどはアップルの認定整備済製品がどんな製品なのか?についてご存じかと思いますが、改めてどんな特徴がある製品なのかを分かりやすくまとめてみました。

まずApple認定整備済製品は以下の9つの特徴があります。

  1. 新品の通常価格より15%安い。
  2. 一度出荷され返品された製品。
  3. 徹底的なクリーニング/点検された製品。
  4. 新しいバッテリーと外装。
  5. 新品の箱に梱包。
  6. 返品(返金)が可能。
  7. Appleの1年間製品保証付き。
  8. 90日間の無償テクニカルサポート。
  9. 下取りでの購入は不可。

新品と比べて最大15%OFF

Appleの認定整備済製品の特徴は、なんといってもその価格。

新品の通常価格の最大15%も割り引かれて販売されている!!

それが、Appleの認定整備済製品の最大の特徴であり、人気である理由です。

たとえば、MacやiPad、Apple Watch、Apple TV、などiPhoneを除く※アップルのハードウェア製品は、新しい製品が出るたびに認定整備済製品として販売されます。(※日本だけ)

このように、認定整備済製品の種類や価格は、新製品が発表されるたびに変更されますので常時確認できる方法を知っておくと便利です。

出荷され返品された製品。

Appleの認定整備済製品とは、出荷されて一度はユーザーの手に渡り開封された製品になります。

何らかの理由で“返品”もしくは、“キャンセル”されたため、アップルが再度クリーニングを行い整備したうえで販売されているものになります。

Apple認定整備済製品のロゴ

また、全く使用されなかった製品であっても“開封”された製品は『新品』として販売することはできません。そのため、新品よりも販売価格を15%割引して販売しているものが『認定整備済製品』なのです。

徹底的なクリーニング/点検済。

Appleの認定整備済製品は、アップルによる徹底的なクリーニングが行われた製品であり、非常に高いアップルの品質基準をクリアした製品であるため、新品同様の信頼性と価値があります。

実際に筆者は、iPadやAppleWatchの認定整備済製品を購入しすでに数年間愛用しています。

そして、認定整備済製品を開封したときの感想は、まず外装に関する傷や画面割れ、汚れなどは一切なく、まさに使用感0(ゼロ)の新品同様の状態で感動したことを覚えています。

新しいバッテリーと外装

Appleの認定整備済製品のバッテリーは新品のものに交換されています。

認定整備済製品のバッテリーは新品

同様に、外装もまったく新しいものに整備されていますので、一度出荷され開封された製品とは思えないほど、新品同様の製品としてAppleの認定整備済製品は「価値」があります。

日本のApple公式サイト
(認定整備済製品)

ちなみに、日本と海外では取り扱われている認定整備済製品が異なります。日本で取り扱われているAppleの認定整備済製品は以下の6点の製品になります。

  1. Mac
  2. iPad
  3. Apple Watch
  4. Apple TV
  5. アクセサリ
  6. クリアランス

また、海外のアップル公式サイトでは、iPhoneが認定整備済製品として扱われていますが、日本ではご覧のとおりiPhoneの認定整備済製品は取り扱いがありません。

海外のApple公式サイト
(認定整備済製品)

ちなみに「6.クリアランス製品」とはどんな製品なのでしょうか?

クリアランスとは“一掃して片づけること”を意味します。

アップルは、クリアランス製品について、

未開封の製品を特別価格でご提供”

と説明しています。

つまり、アップルのクリアランス製品は、(整備済製品とは異なり)店頭展示や返品といった履歴を持たない完全な“新品”のことで、特に「旧モデル」の在庫品をお得に提供している、と考えて良いでしょう。

本ブログのトップページ

新品の箱に包装

Appleの認定整備済製品は、一度出荷されてユーザーが開封した製品になりますが、認定整備済製品として再出荷されるときには、新品の箱に包装されています。

認定整備済製品で購入したiPad

実際、iPad 第7世代を認定整備済製品で購入したとき。iPadは新品の箱に梱包された状態で自宅に届きました。

返品(返金)が可能。

Appleの認定整備済製品は新品同様、「返品(返金)」することが可能です。

次に、認定整備済製品の返品・返金の「条件」とその「方法」を以下に記載しておきます。

認定整備済製品の「返品条件」

サイトから返送依頼を行う場合。

製品を受け取り後14日以内にアップル公式サイトからオンラインで無料で返送して「返品」することができます。サイトから返品依頼後、7日以内に配送業者の営業所へ持ち込み、返品番号を使って返品ラベルを印刷し外装に貼り付けて発送してください。詳しくはこちら

14日以内に公式サイトで返品依頼

②依頼後7日以内発送
(返品ラベルを貼って発送)

アップルストアに持参して返品する場合。

返品する認定整備済製品をアップルストアに持参して、身分証明書注文番号を提示することで返品し、その場で返金が可能です。詳しくはこちら

iPhone13と14の違い

1年間の製品保証付き

Appleの認定整備済製品には1年間の製品保証が付いてきます。

一方アップルで保証される条件は、“Apple 発行のガイドラインに従った通常使用時における材質および製造上の瑕疵(かし)に該当する場合”とあります。

瑕疵(かし)とは「キズ」や「欠点」のことを示します。

逆に、以下(a)~(k)のいずれかに該当する製品は保証対象外になります。

保証の対象にならない認定整備済製品の条件。

aバッテリー/消耗部品、経時的に劣化が当然予測される保護コーティング。
b傷、へこみ、ポート部分プラスチックの破損/これに限定しない外観上の損傷 。
cApple 製品仕様に適合しないのコンポーネント/製品との併用に起因する損害。 
d事故、不適切な取り扱い、誤用、火事、地震またはその他の外的要因による損傷。
eAppleガイドラインの範囲を超えた操作に起因する損傷。
f代理店,Apple 正規サービスプロバイダ (AASP) 以外によって実施されたサービスに起因する損傷。
gApple の書面許可なく機能/性能を変更し改造されたアップル製品。
h通常の摩耗、または通常の経年劣化に起因する損傷。
iシリアル番号が削除、または判読できないアップル製品。
j盗難品であるという情報を Apple が公的機関から入手したアップル製品
kパスコードなどセキュリティ対策を解除できず、正当な使用者を証明できないアップル製品。
1年製品保証対象外の条件

90日間の無償テクニカルサポート。

Appleの認定整備済製品には、新品と同様に「90日間の無償テクニカルサポート」が付いてきます。

テクニカルサポートとは、アップル製品を知り尽くした専任のスペシャリストが、操作や機能に関すること、あるいは修理に関するサービスに関する質問や疑問、問い合わせに分かりやすく応えてくれる電話サポートサービスのことです。詳しくはこちら

実際この無料テクニカルサポートを利用し問い合わせしたことが数回ありますが、いずれも受け答えしてくれたスタッフの方は親身になってサポートをしてくれるため、非常に好印象を受けました。

逆にいうと、それだけアップルはスタッフ一人一人への業務教育を徹底している印象があります。

また電話が苦手な方やテクニカルサポートへの問い合わせに時間を要してしまう場合は、以下のアップル純正のアプリAppleサポート』から、自分が使用しているアップル製品に関する詳しい修理、保証について確認することができるので是非利用してみてください。

Apple サポート
Apple サポート
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

下取りによる購入は不可。

Appleの認定整備済製品は、下取りによる購入はできません。

しかし、新品同様のアップル製品が通常価格の15%OFFで手に入るだけでもお得感は十分。

ほしいApple製品が認定整備済製品に入荷されているかどうか、その情報をいち早く知ることさえできれば下取りなくてもきっと満足するはずです。

Apple認定整備済製品の入荷情報をいち早く知るための方法

前章でAppleの認定整備済製品の特徴を詳しく解説させて頂いたところで、認定整備済製品がなぜ人気なのか、そしてすぐ売り切れてしまう理由もご理解頂いたのではないでしょうか。

すぐ売り切れてしまい、ほしいときなかなか手に入れることができないAppleの認定整備済製品。

しかし、売り切れてしまうよりもいち早く認定整備済製品の入荷情報を知ることができればどうでしょうか?

入荷情報を知ることができれば、確実に認定整備済製品をゲットできること間違いナシです!

ということで、今から解説する内容は、実際に筆者がAppleの認定整備済製品の入荷情報を知るために使っている方法で、裏ワザというよりも知る人ぞ知るといった方法になります。

Appleの認定整備済製品に興味を持った方、あるいは認定整備済製品の入荷情報をいち早く知りたいと思っていた方は必見です。是非ご覧ください。

認定整備済製品 入荷情報をいち早く知るために必要なアイテム

Appleの認定整備済製品の入荷情報をいち早く知るためには、以下の製品が必要です。

  • iPhone
  • Apple Watch

そして、認定整備済製品の入荷情報を知るためのツールとして「ツイッター」が必要。

  • Twitter(ツイッター)

Appleの認定整備済製品の入荷情報は、以下の「@apple_refurbさん」のツイッターをフォローすることで入手することができます。

@apple_refurbさんのツイッター

そのため、iPhoneとApple Watchの両方にツイッターアプリをインストールしてください。

Twitterアプリのインストールは以下から行うことができます。

Twitter ツイッター
Twitter ツイッター
開発元:Twitter, Inc.
無料
posted withアプリーチ

@apple_refurbさんのTwitter(ツイッター)では、アップルの認定整備済製品の新着・入荷情報がほぼ5分以内にツイートされます。

またツイート内のURLをクリックすることでアップルの認定整備済製品の購入ページへ直接移動できます。

@apple_refurbさんのツイッターをフォローし、iPhoneとAppleWatchで常に@apple_refurbさんのツイッター情報を受け取ることができる状態にしておくことで、

常時、Appleの認定整備済製品の新着・入荷情報をいち早く知ることができます!

またApple Watchなら、日常生活で常に腕に装着しているため、以下のように@apple_refurbさんのツイッターからのAppleの認定整備済製品の入荷情報をいち早く知ることができます♪

Apple Watchでノイキャン性能検証

認定整備済製品の入荷情報を
Apple Watchで受け取ったとき

まとめ

通常価格より非常に安く購入できるAppleの認定整備済製品は、入荷したとたんすぐに完売してしまうことで有名。そこで今回、「ほしい!」と思った時にApple認定整備済製品を手に入れることができる方法をご紹介します。入荷した認定整備済製品の情報をリアルタイムで通知してくれる、そんな魔法のような便利な方法があるので是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事が気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (7件)

コメントする

目次