アップル製品はAmazonがお得→詳しくはこちら

iPhone12mini エアージャケット ケース レビュー(後悔編)

本ブログではiPhone12mini用の様々なケースの紹介を行っているが、今回ご紹介するケースは多くのYouTuberやiPhoneファンから評価され支持されているケース、パワーサポートの『エアージャケット』を紹介、レビューしてみたいと思う。

多くのユーザーやYouTuberから支持され評価が高いパワーサポートの『エアージャケット』。

何がそんなに良いのか、実際購入して自分の目で確かめてみることにした。

ちなみに今回レビューするエアージャケットはiPhone12mini用で、iPhone12miniの発売日である2020年11月13日(金)に同時に発売開始となった。

目次

エアージャケットの種類

iPhone12mini用のエアージャケットはカラーバリエーションや素材の違いで全部で4種類。下の写真でいうと、左から「クリア」、「クリアブラック」、「スモークマット」、「ラバーブラック」の4つ。

クリア

4種類の中で、透明度100%のケースが『クリア』。そもそもパワーサポートの『エアージャケット』は、このクリアで人気を博したことは間違いない。

他のケースと明らかに差別化され特徴的なのは、トコトン透明感に拘って製造されているところ。

クリアブラック

ほのかにブラックがかった半透明のケース。iPhone12miniのホワイトやグリーンといったカラーに合わせると落ち着いた色合いになるだろう。ブラックやブルー、レッドといった濃い目のiPhone12miniに本ケースを合わせるとよりシックでクールな印象を与える色になるだろう。

スモークマット

先ほどのクリアブラックの表面を『ラバー塗装』で仕上げたケース。肌ざわりさらっと軽やかで、汚れを防ぐ効果がある。

見た目はクリアブラックとほぼ変わらないが、触り心地が違うといったところ。iPhoneに取り付けるとアップルロゴの部分が、クリアブラックよりも霞んで見えるのも特徴。

ラバーブラック

見た目は他の3種類と明らかにかけ離れているケース。ケース表面は、スモークマットのケースと同様に『ラバー塗装』仕上げで、汚れに強い。

色は完全に『ブラック』。透明感は0%。

色が一番濃い分、他のエアージャケットよりも耐久性に優れているようにみえるが、ケース素材は一緒なので性質も他のケースと変わらない。

エアージャケットが評価される理由は『素材』

エアージャケットケースの素材にはトライタンと言われる特殊な合成樹脂が用いられている。

出典;Yahooショッピング

特殊な合成樹脂トライタン』を用いたエアージャケットの特徴は主につ。

☑ ガラスと見間違えるような『透明度
☑ 驚異的な耐久性
軽量
熱に強い
☑ 化学物質不要で人体に安全

このつの特徴は素材に用いられているトライタンの性質といってよい。

さらにこのトライタンを素材に採用したことで、ケースそのものはハードケースで耐久性が非常に高いのに、柔軟性があり柔らかい。

そのため、iPhone本体にケースを取り付ける際も、ケース自体が硬すぎないので、少しの力でしなやかに装着することができるのもありがたい。

開封&外観

では早速手元に届いた『エアージャケット』を開封していこう。

まずパッケージはこんな感じ。しっかりとしたハードケースに梱包されている。

パッケージから本体を取り出し手に取るなり、その透明感に脱帽。

左右側面や下部、カメラレンズ周りをグルっと確認。

カメラレンズの部分少々高さがある構造になっていて、レンズを下にして置いたときでも傷つかないような設計になっている。

透明なケース装着後によく発生する滲み防止のため、ケースの裏面は小さなドット模様が施されている。

取り付け

エアージャケットのクリアケースを早速iPhone12miniに取り付ける。

取り付け方は、はじめにiPhone本体の上部の方からエアージャケットに入れ込む。特に力はいらない。

次に、iPhone下部の方を力を入れてケースに押し込む。このとき少し力が必要なのでケースとiPhoneが傷つかないように注意しながら入れる。

うまくケースに押し込めたら完了。

ケース装着後の外観

エアージャケットを取り付けたiPhone12miniの外観を確認する。

まずは背面から。

エアージャケットを取り付けたあとの背面は、少々のホコリでも目立ってしまうくらい透明感が半端ない。

次にカメラレンズ周り。

左右側面と下部のボタン周りを確認。こちらも精巧な設計で、ボタン周辺をしっかり保護している。

最後に正面を確認。画面周りも干渉することなく綺麗に取り付けられている。

デメリット

透明感がすごいエアージャケットにも非常に残念な欠点を見つけた。それがこちらの写真。

そう、指紋の跡がとても目立つのだ。

これは残念としか言いようがない・・・。

指紋の目立ちようは、もしやケースが透明感100%の『クリア』であるからだろう。

エアージャケットの『スモークマット』なら目立たないような気もする。。。

まとめ

今回ご紹介したのは、数あるiPhone用ケースの中でも評価が高いパワーサポートの『エアージャケット』ケース。

4種類あるケースのうち透明度が100%と言われる『クリア』ケースを試してみた。

透明感に評判がある『クリア』ケースだったが、その透明感が裏目に出て、指紋がとても目立つことが残念でならない・・・。正直『クリア』ケースを購入して後悔している・・・・。

もしエアージャケットケースの購入を検討している方がいれば、クリアではなく『スモークマット』ケースを購入することをおすすめする。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

【memumi】iPhone12mini たった5g!最軽量ケースの選び方 | ガジェキンブログ へ返信する コメントをキャンセル

目次
閉じる