アップル製品はAmazonがお得→詳しくはこちら

iPhone12miniのナイトモードの実力検証

2020年秋に発表されたiPhone12miniは5.4インチのフル有機ELディスプレイと超広角レンズカメラを搭載した小型iPhone。

iPhoneのカメラは常に他のスマホカメラより先進的かつ活気的な機能が搭載されることで、世界的にとても高い評価を得ています。

中でもiPhone11シリーズから搭載された『ナイトモード』というカメラ機能は、フラッシュを使わずに暗い場所でも表現豊かな写真が綺麗に撮れるということで、他のスマートフォンが相次いで似たような機能に力を入れています。

iPhone12miniでは、『ナイトモード』のカメラ性能がiPhone11のときより劇的に向上し、なんとiPhone11よりも20%も明るく美しい写真が暗い場所でも撮影できてしまいます。

今回はその検証としてiPhone12miniのカメラの『ナイトモード』を使い、夜の桜を撮影してみました。

I photographed japanese night cherry blossoms
with iPhone12mini camera.

iPhone12miniのカメラ性能に興味がある方はぜひご覧ください♪

目次

iPhone12miniのナイトモードについて

iPhone11シリーズから搭載されたカメラの撮影モード『ナイトモード』。

暗い場所や夜間での撮影で、フラッシュなしでも明るく表現豊かな写真が簡単に撮影できてしまう『ナイトモード』は、iPhone12シリーズでさらに進化を遂げます。

楽天モバイルなら新色iPhone12を安価で

その理由は、iPhone12シリーズに内臓された高性能チップ「A14 bionic」にあります。

iPhone12miniに内臓されているA14 bionicチップは、iPhone11のA13 bionicチップよりもはるかに高い処理能力を持ち、『Neural Engine(ニューラル・エンジン)』という画像処理に特化した演算・制御装置の処理性能も飛躍的に向上しています。

Amazonポイントが使える中古iPhone SE

AmazonポイントでiPhone XS Max

iPhone12miniで撮った写真は『Neural Engine(ニューラル・エンジン)』のハイレベルな高速演算処理によって、撮影された画像の特徴をすぐさま認識。被写体がもつ色に限りなく近い色を表現し、さらにノイズまで軽減してくれる優れもの。

実際にiPhone12miniのカメラの「ナイトモード」で撮影した冬夜の『月』がこちら。

I tried shooting the moon in night mode of iPhone12mini.

新色iPhone12を安価購入

この日は12月の満月に近い月を撮影した写真です。月の輪?月輪というのでしょうか・・・。肉眼でも見えた神秘的な月輪の様子がiPhone12miniの「ナイトモード」で撮影した写真からも伝わってきます。

ナイトモードを使わずに撮影した月輪はこちら。

(アップしている写真は圧縮しているため、実際の写真の画質はもう少し高画質です♪)

iPhone12miniナイトモードの実力検証①

iPhone12miniのナイトモードを使って夜の桜を撮影してみました。2021年3月28日(日)22時30分を回った夜のこと。

近所の公園できれいに咲き誇っていた桜。iphone12miniを手持ちの状態で撮影しているので、少々手ブレが気になるところでありますが・・・・(💦笑)

パープルiPhone12を安価で購入

(アップしている写真は圧縮しているため、実際の写真の画質はもう少し高画質です♪)

iPhone12miniのカメラではナイトモードでの超広角の撮影もできます。以下は超広角、ナイトモードで撮影した夜桜。月の明かりを背景にきれいな夜の桜を撮影することができました。

(アップしている写真は圧縮しているため、実際の写真の画質はもう少し高画質です♪)

ナイトモードなしの「ノーマル」撮影との比較

iPhone12miniカメラのナイトモードで撮影した写真が、ナイトモード機能を使わず撮影した普通(ノーマル)の写真よりもどのくらい明るく綺麗な写真であるのかを検証するため、ナイトモードなしの写真を【左】、ナイトモードありの写真を【右】に並べ比較していくことにします。

【左】の写真:ナイトモードなし
【右】の写真:ナイトモードあり

The photo on the left is taken normally, and the photo on the right is taken in night mode.

次に「超広角」でナイトモードありとなしの写真の比較です。

Night mode shooting with ultra wide angle.

こうしてナイトモードを使って撮影した写真とナイトモードを使わずに撮影した写真の両者を左右に並べて比較して見てみると、明るい部分はより明るく、暗い部分は控えめな明るさで明暗の差を失わない画像処理が施されていることが分かります。

画像全体を均等に明るくするのではなく明暗の差を残しつつ、さらにそこに映し出される被写体のディテール(繊細さ)をしっかりと保持する画像処理には脱帽です。

ただ、ナイトモードと「ポートレート」モードの併用はできません。

一眼レフカメラで撮影したような被写体の背景をぼかしてくれるポートレートモードがナイトモードでも有効になれば、暗所でのiPhoneを使った写真撮影がもっと楽しくなることでしょう。

ちなみに2021年秋に発売されると噂されているiPhone13(仮)のカメラ機能には、ポートレートモードがナイトモードでも有効になるとされています。

おまけ

こちらは最大10秒間の時間をかけてiPhone12miniのナイトモードで撮影した写真。10秒間も時間をたっぷりかけて撮影すると、とても暗い場所でもここまで明るく撮影することができます。(2020/12月 PM8:00ごろ)

10-second night mode shooting.

よくランニングしにいく陸上競技場でiPhone12miniのナイトモードで撮影した写真。

長崎県大村市陸上競技場(PM8:00ごろ)

iPhone12miniナイトモードの実力検証②

iPhone12miniカメラのナイトモードでは、撮影時最大10秒まで被写体にカメラを向けておく必要があります。

その様子をiPhone12miniの録画モードに収めてみましたのでご覧ください。

最大7秒間の撮影(ナイトモード)

このときの撮影では最大7秒間、iPhone12miniのカメラを夜桜に向ける必要がありました。

7秒間のナイトモード撮影で撮った夜桜その1

続いて別のナイトモードでの撮影。このときは最大8秒間、カメラを被写体に向けておく必要がありました。

最大8秒間の撮影(ナイトモード)

撮影した写真がこちら。

7秒間のナイトモード撮影で撮った夜桜その2

ナイトモードを使った写真撮影では撮る被写体に向けて最大10秒間、カメラを向けておく必要があります。時間の長さはiPhoneのカメラが捉える明暗により自動で変更されます。

夜桜を撮影したこの日の夜は、満月に近い月の明かりが比較的強かったせいか、iPhone12miniのナイトモード撮影時間は10秒という長さにまでは至らず、7~8秒間でした。

このナイトモード撮影時間の間は、被写体にカメラを向けたままジッとして動いてはいけません。動いて撮影してしまうと、写真がブレてしまうからです。

とはいえ、手持ちで7秒間もiPhoneを同じ姿勢で持っておくことは結構シンドイため、iPhoneが自動で判断した最大時間から手動で撮影時間を変更することが可能です。

以下は別日にiPhone12miniで夜の月をナイトモード3秒で撮影したときのシーン。

また、iPhone12シリーズの中で最も軽量で小さいiPhone12miniであれば、カメラ撮影時のナイトモードによる手持ち時間が少々長くても腕が疲れることもなく十分我慢できる範囲。

とくに腕の力が男性よりも弱い女性の方なら、iPhone12シリーズの中でiPhone12miniはナイトモード撮影時に最適なiPhoneだと思います。

シンプル&最安 12miniケース

まとめ

iPhone12miniのカメラの『ナイトモード』を使い、夜の桜を撮影してみました。

iPhone12miniのカメラ性能に興味がある方はぜひご覧ください♪

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる