Apple Watch 9 ⇒★1%OFF★

2023年 iPhone Android どちらがいい? 使いやすい? 5分でわかる その違いと選び方

  • URLをコピーしました!

はじめてスマートフォンを買おうとするとき、iPhoneにするべきか、それともAndroidにするべきか悩むことがあるかと思います。

質問

スマホ買うなら
iPhoneとAndroid、どっちを買った方がいいのかな?

「iPhoneとAndroid、そもそも何が違う?」

「iPhoneとAndroid、どちらが使いやすい?」

この記事では、これからスマートフォンを買う、あるいは買い換える方に、iPhoneとAndroidのどちらが自分にピッタリのスマホなのか、買って後悔しないための判断基準を示す情報を分かりやすく届けたいと思います。

本ブログのトップ

ちなみに、2023年上半期における最新スマートフォンで、上位モデルになるiPhoneとAndroidスマホはこちら。

iPhone14Proは2023年上半期における最上位のiPhoneです。

2022年アップル新製品まとめ

Google Pixel 7 Proは2023年上半期における最上位のAndroidスマホです。

これらは2023年上半期におけるiPhoneとAndroidそれぞれを代表する最上位のモデルとして人気を博しています。

iPhoneSE ケース30厳選

見た目こそまったく違いますが、どちらを買うべきか悩むときはその中身の話。

そこで、iPhoneとAndroid、どちらが自分にピッタリのスマートフォンなのかを正しく判断したいときに使えるそれぞれの「長所」と「短所」をまとめてみました。

本記事を読んで頂くと、iPhoneとAndroidを比較して、それぞれの「利点」にあたる部分を「優れている点」としてご紹介しています。

・iPhoneがAndroidより優れている利点
・AndroidがiPhoneより優れている利点

また、本記事を読めばiPhoneとAndroidそれぞれの利点がわかると同時に、それぞれの欠点も確認することができますので、是非ご参考になさってみてください。

目次

iPhoneがAndroidより優れてる点

iPhoneとAndroidを比較して、自分にとってどちらのスマートフォンか判断する基準の1つとして、それぞれの「長所」と「短所」を把握することが大切です。

そこで、まずはiPhoneがAndroidよりも優れている利点(長所)をまとめてみました。

・セキュリティに強い。
・直観的操作で初心者でも簡単。
・カメラ性能が高い。
・品質が良いアプリが豊富。

iPhoneSE ケース30厳選

セキュリティに強い。

iPhoneとAndroidの両方には、強力なセキュリティ機能が備わっていますが、一般的にはiPhoneの方がセキュリティ面で優れているとされています。

iPhone15シリーズ最新情報

iPhoneは、iOSという独自のオペレーティングシステムを使用しており、これは非常にセキュアであるとされています。

またAppleは、アプリのダウンロードやインストール、データへのアクセスなどを厳格に制限することで、セキュリティを強化しています。

さらにiPhoneでは、Touch IDやFace IDなどの生体認証技術を使用して、ユーザーのプライバシーを完全に保護します。

一方、Androidは多様なハードウェアメーカーによって使用されているので、セキュリティの問題が発生する可能性があります。

そのためGoogle(グーグル)は、GooglePlayストアにあるアプリを厳格に監視しており、不正なアプリがインストールされないようにしていますが、それでもAndroidは万全ではないためセキュリティ上の脅威に対処するためにさらなる手順を踏む必要がある場合があります。

総合的に見ると、iPhoneは、ハードウェア、ソフトウェア、セキュリティのすべての側面において、より一貫してセキュアであると考えられています。

ただし、どちらのプラットフォームでも、重要なデータを保護するために、セキュリティ意識を持ち、常に最新のセキュリティアップデートを適用することが重要です。

長期的なサポートが受けられる

Apple(アップル)は、新しいバージョンのiOSがリリースされると、古いiPhoneでも数年間はアップデートを提供します。

これにより、長期的なサポートが受けられるため、iPhoneを長く使い続けることができます。

iOSのアップデートを長期的に受けることができるということは、以下のような新機能や改善が長い間サポートされることを示します。

iPhoneSE ケース30厳選

・新しい機能が使える。
・セキュリティが向上する。
・パフォーマンスが改善する。
・アプリがアップデートする。

新しい機能が使える

新機能の追加 iOSのアップデートによって、新しい機能が追加されることがあります。

たとえば、iOS 15では、FaceTimeの新機能や、通知の改善、地図アプリの新機能、Safariのデザイン変更などが含まれています。

セキュリティが向上する

iOSのアップデートによって、常に最新のセキュリティ対策が行われるので、安心して同じiPhoneを長期間利用することができます。

パフォーマンスが改善する

iOSのアップデートによって、iPhoneやiPadのパフォーマンスが改善されることがあります。

たとえば、バッテリーの持ちが良くなったり、アプリの起動速度が速くなったりすることがあります。

アプリがアップデートする

iOSのアップデートによって、インストール済みのアプリもアップデートされることがあります。

アプリのアップデートによって、バグの修正や新しい機能の追加が行われ、より快適なユーザー体験が得られるようになります。

初心者でも直観的な操作

iPhoneは、iOSと呼ばれるモバイルオペレーティングシステムを搭載したスマートフォンで、Apple(アップル)がその技術をもって直感的な操作性と洗練されたユーザーインターフェースを備えていることで有名です。

初めてiPhoneをさわる初心者であっても直観的に簡単に使い始めることができます。

以下に、初心者の方でも直観的に操作できるiPhoneの基本操作をまとめてみました。

1.ホーム画面の操作

iPhoneのホーム画面には、アプリアイコンが配置されています。

▲アプリを起動するには、画面上のアプリアイコンをタップするだけです。

アプリをインストールするには、App Storeからダウンロードしてインストールします。

また、アプリアイコンを長押しすると、アプリの削除や移動ができます。

アプリを長押した状態

2.Siri

iPhoneには、音声アシスタントのSiriが搭載されています。

Siriは、ホームボタンがあるiPhoneではホームボタンを長押し、FaceID(顔認証)を搭載しているiPhoneではサイドボタンを長押しすると起動します。

Siriは、音声での質問や指示に応じて、検索やメッセージの送信、電話の発信などを行います。

3.アプリの切り替え

iPhoneでは、複数のアプリを同時に使用することができます。

複数のアプリを起動した状態で、アプリを切り替えるにはホームボタンを2回押し、もしくはFaceIDを搭載したiPhoneなら画面の下端を右または左にスワイプするだけで行うことができます。

4.バッテリーの節約

iPhoneはそのバッテリーの寿命を延ばすための設定を直観的な操作で行うことができます。

バッテリー寿命を延ばすための「明るさを減らす」、「Bluetooth」や「Wi-Fi」、「位置情報サービス」を無効にする、あるいはバックグラウンドで動いている「全アプリを閉じる」などの設定を簡単な操作で行うことができます。

5.アクセシビリティ機能

iPhoneには、「視覚障害」や「聴覚障害」などのある人でも利用しやすいアクセシビリティ機能が搭載されています。

例えば、音声読み上げ機能や色調整機能、手ぶれ補正機能などがあります。

詳しい操作方法は、公式のiPhoneユーザーガイドやオンラインのチュートリアルを参照することをおすすめします。

カメラ性能が高い

iPhoneのカメラ性能は、2023年のスマートフォンの中で最も高く評価されています。

最新モデルのiPhone14Pro、iPhone14ProMaxでは、カメラ機能が大幅に改善され、高画質の写真や動画を撮影することができます。

iPhoneの優れたカメラ性能は主に6つのポイントにまとめることができます。

1.48メガピクセルの高解像度カメラを搭載

2023年における最上位モデルのiPhone14 Proのカメラのメガピクセル数は48メガピクセルで、最大3倍の光学ズームと最大10倍のデジタルズームが可能です。これにより、非常に詳細な写真を撮影できます。

▲2023年の最上位モデルのiPhone14Pro、14Pro Maxには3つのカメラレンズが搭載されていて、それぞれ広角撮影、望遠撮影の機能を果たします。

2.スマートHDR

iPhoneにはスマートHDRという撮影した写真の明るさや影を自動的に最適化する機能が備わっています。

3.ナイトモード

iPhoneのカメラには、低照度下での撮影に最適化された「ナイトモード」といわれる機能があります。

ナイトモードを使用すると、暗い場所での写真撮影が可能になり、暗い部分の詳細を明るくして、鮮明な写真を撮影できます。

▲明るさが足りない場所で写真を撮ろうとすると、iPhoneのカメラは自動で「ナイトモード」に切り替わります。

2023年上半期におけるAndroidの最上位モデル「Google Pixel 7 Pro」では、このiPhoneのナイトモードに匹敵するカメラ機能が「ナイトシフト(夜景モード)」という機能です。

ナイトシフトモードも、iPhoneのナイトモードと同様、“長時間露光撮影”を用いたカメラ撮影機能になります。

4.ポートレート

iPhoneのカメラ機能の中で高く評価される撮影モードとして「ポートレート」があります。

背景をぼかして、被写体をより際立たせる機能です。

▲このポートレートモードでは、被写体に焦点を合わせた状態で、被写体と背景の距離感に応じて背景を自然にぼかすことができます。

iPhoneのポートレートモードでは「f値」を変更することで、ボケ効果と深度コントロールができるため、背景をお好みのぼかし加減に調整することができるのも魅力的です。

iPhoneSE ケース30厳選

5.スローモーションビデオ撮影

iPhoneには、高速度カメラを使用して、スローモーションビデオを撮影する機能があります。

これにより、動きをゆっくりと再生でき、非常に劇的な効果が得られます。

2023年上半期の最上位モデルであるiPhone14Pro、iPhone14Pro Maxで撮影できるスローモーションビデオは「1080p(120fpsまたは240fps)」に対応しています。

6.シネマティックモード

AndroidスマホにはないiPhone独自のカメラ機能として高く評価されているモードが「シネマティックモード」です。

iPhoneのシネマティックモードは、映画のようなボケ味を自動的に作り出す機能です。

このモードは、2021年に発売されたiPhone 13シリーズから搭載されたもので、背景のぼかしを調整しながら、対象物を自動で追尾することができます。

iPhoneのシネマティックモードを使えば、動画の中の被写体の背景を効果的にぼかすことができるので、まるで映画のようなクオリティーの高い動画撮影を行うことができます。

シネマティックモードを使うと、被写体と背景の距離感が立体的に表現されるため、よりドラマチックな映像が作り出せます。

またシネマティックモードはポートレートモードと組み合わせて使うこともできるので、人物の表情や動きをより美しく撮影することができるのも魅力的です。

さらにシネマティックモードには、自動的に切り替わる「Follow Focus」モードと、タップして手動で対象物を選択できる「Manual Focus」モードがあります。

手動でフォーカスを合わせる場合は、対象物にタップしてから撮影を開始すると、対象物を中心にボケ味を作り出すことができます。

ただしシネマティックモードには以下2つの注意点があります。

シネマティックモードは、明るさが不足している場合や、被写体が動きすぎている場合は、ボケ味がうまく表現できない可能性があります。

シネマティックモードで撮影した動画は、ファイルサイズが大きくなるため、通常の動画よりストレージ容量を消費してしまいます。

以上が、iPhoneのカメラ性能の主な特徴です。これらの機能は、写真やビデオをより美しく、自然に、そして高品質に仕上げるために非常に役立ちます。

アプリの品質とバリエーションが豊富

iPhoneはAndroidスマホに比べてアプリケーションのクオリティが非常に高いことで有名です。

App Storeで提供されるアプリケーションは、品質が高く、使いやすいものが多いです。その理由の1つにiOSのユーザー層は高所得層が多いため、高品質なアプリが多いと言われています。

多くのアプリケーションがiOS向けに最初にリリースされ、その品質は非常に高いだけでなくセキュリティーの面でも安全性が非常に高く、信頼性が高いと考えられています。

以上が、iPhoneがAndroidと比較して優れているとされる点です。
ただし、個々のユーザーにとって、どちらが優れているかは好みによるため、適したデバイスを選択することが重要です。

AndroidがiPhoneより優れてる点

AndroidスマホがiPhoneより優れている点、それは同時にiPhoneの欠点であると言えます。

そう考えるとAndroidスマホがiPhoneより優れている点は以下の3つになります。

・価格が安い(iPhone=高価)
・カスタマイズ性が高い(iPhone=低)
・ハードウェアの選択肢が多い(iPhone=少)

価格が安い

AndroidスマホはiPhoneに比べて、価格がとても安いという利点があります。

分かりやすいところで、2023年上半期のAndroidスマホの最上位モデルであるGoogle Pixel 7 Proと、iPhoneの最上位モデルiPhone14 Proの価格を比較してみましょう。(以下 税込の価格です。)

iPhone14ProGoogle Pixel 7 Pro
¥149,800¥124,300

▲比較したモデルのストレージは128GBのiPhone14ProとGoogle Pixel 7 Proです。

2023年上半期 最上位クラスのAndroidスマホであるGoogle Pixel 7 Proは、iPhone14Proよりも¥22,500円も安いことが分かります。

この価格差は、Google純正のノイズキャンセリング搭載のワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds Pro」が購入できるくらいの値打ちがあります。

カスタマイズ性が高い

Androidスマホは外観や機能のカスタマイズができる点でiPhoneよりも優れています。

実際にAndroidスマホでカスタマイズできることでiPhoneよりも便利に感じる例は以下の5つです。

“ホーム画面”のカスタマイズ
“ウィジェット”のカスタマイズ
“キーボード”のカスタマイズ
“テーマ”のカスタマイズ
“ロック画面”のカスタマイズ
“リカバリ”のカスタマイズ

“ホーム画面”のカスタマイズ

Androidのホーム画面は、アイコンやウィジェットなどを自由に配置することができます。ホーム画面のレイアウトを変更したり、好きなアプリやウィジェットを追加したり、削除したりすることができます。

“ウィジェット”のカスタマイズ

Androidには、多数のウィジェットが用意されています。

これらのウィジェットは、アプリケーションの一部として機能する小さなアプリで、直接ホーム画面に配置することができます。また、ウィジェットのサイズや外観をカスタマイズすることもできます。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

“キーボード”のカスタマイズ

Androidは、多くのサードパーティ製のキーボードアプリがあります。これらのアプリを使うことで、キーボードの配列やテーマ、キーの大きさや配置などを変更することができます。

詳しくは以下の記事をご参考ください。

“テーマ”のカスタマイズ

Androidはテーマを変更することで、画面の色やアイコン、ウィンドウのデザインなどを自分好みにカスタマイズすることができます。

Androidには、多くのテーマが用意されていますが、サードパーティ製のテーマアプリを使うことで、より多くのカスタマイズオプションが利用できます。

テーマのカスタマイズに関して詳しく知りたい方は以下の記事をご参考ください。

“ロック画面”のカスタマイズ

Androidのロック画面もカスタマイズ可能です。

パスワードやピンコード、指紋認証などの認証方式を変更したり、ロック画面に表示される情報を変更したりすることができます。

ロック画面のカスタマイズについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

“リカバリ”のカスタマイズ

Androidのリカバリモードは、システムのバックアップや復元などの機能を提供しています。

一部のAndroidデバイスでは、リカバリモードをカスタマイズすることができます。

例えば、カスタムリカバリをインストールすることで、より高度なバックアップや復元機能を利用することができます。

Androidスマホのリカバリについてくわしく知りたい方は、以下の記事をご参考ください。

ハードウェアの選択肢が多い

Androidは多くのハードウェアメーカーが提供しているため、選択肢が多いという利点があります。

そのため、Androidスマホは製造メーカーによって「画面サイズ」や「バッテリー寿命」、「カメラ性能」など、自分が求めているニーズに合わせて選択できることが非常に魅力的です。

▲こちらはカメラ性能で評価が高いSony(ソニー)の「Xperia1IV」。

iPhoneかAndroidか迷ったときのアドバイス

以上の点を踏まえながら、iPhoneにするかAndroidにするか迷っている場合は、その他の視点から以下のアドバイスもご参考にしてみてください。

AndroidスマホよりもiPhoneを選んだほうが良い人の特徴は以下の3つです。いずれかに当てはまる方はAndroidよりもiPhoneを購入することをおすすめします。

・他のApple製品を利用している人。
・セキュリティに詳しくない人。
・操作が分かりやすいスマホがいい人。

【iPhone 推奨】普段からApple製品を利用している人

Apple(アップル)の製品はエコシステムによるシームレスな連携が非常に高いデバイスです。

そのため、iPhoneを使用するとAppleのエコシステムの一部となり、MacやiPad、Apple WatchやAirPodsなど、他のAppleデバイスとのシームレスな連携が可能になります。

iPhoneSE ケース30厳選

普段からiPadやAirPodsなどのApple製品を使っている場合、もしくはこれから使う可能性がある場合は、AndroidスマホではなくiPhoneを購入することをおすすめします。

【iPhone 推奨】セキュリティに詳しくない人

Apple(アップル)はセキュリティに非常に力を入れており、App Storeで提供されるアプリの品質を厳格に監視しています。

そのためiPhoneはAndroidスマホよりもセキュリティ面で優れているとされています。

個人情報に関して敏感な方、あるいはセキュリティ対策に詳しくない方は、Androidスマホよりも最新のセキュリティ対策に対応しているiPhoneを強くおすすめします。

【iPhone 推奨】操作が分かりやすいスマホを求めている人

iPhoneは、親しみやすいインターフェースで直感的な操作、および優れたデザインで知られています。

つまり初めてiPhoneを手にした人であっても、Androidスマホよりも直観的な操作で分かりやすいので、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層におすすめすることができます。

どちらを選ぶかは、個人の好みと用途によって異なります。重要なのは、自分が求める機能や利点を備えたスマートフォンを選ぶことです。友人や家族の意見も参考にすると良いでしょう。また、実際にiPhoneとAndroidを使ってみて、どちらが自分に合っているかを試してみることも重要です。

iPhoneSE ケース30厳選

続いてAndroidスマホよりもiPhoneを選んだほうが良い人の特徴は以下の3つです。当てはまる方はiPhoneよりもAndroidを購入することをおすすめします。

1.予算が限られている人。
2.カスタマイズを求める人。
3.互換性を求める人。
4.柔軟なファイル管理が必要な人。

【Android 推奨】予算が限られている人

できるだけ安い予算でスマホの購入を考えている方は、iPhoneよりAndroidスマホをおすすめします。

iPhoneは高価格帯のスマートフォンであるため、予算が限られている場合には、Androidを選択することが賢明です。

特に、中華系メーカーのAndroidスマートフォンは、価格が安いだけでなく、性能もそこそこ良いので、コストパフォーマンスが高いと言えます。

【Android 推奨】カスタマイズ性を求める人

Androidは、iPhoneよりもカスタマイズ性が高いため、好みに合わせて画面のレイアウトやアプリアイコン、ウィジェットなどを自由に設定することができます。

また、AndroidのOSはオープンソース(=無償で利用できるソフトウェア)であるため、自分でアプリを開発したい人にとっては適しています。

このようなカスタマイズ性を重視したい人にとって、Androidはまさにうってつけのスマートフォンであるものの、一般の方のほとんどはアプリの開発はもちろん、カスタマイズすることにこだわりを持っている人はごくわずか。

そのため、Androidスマホのカスタマイズ機能を十分に使いこなせている方はほとんどいないと言ってよいでしょう。

【Android 推奨】互換性を求める人

Androidは、様々なメーカーがスマートフォンを製造しており、様々な価格帯の製品が存在するため、iPhoneよりも互換性が高いと言えます。

また、AndroidのOSは多様なハードウェアに対応しており、新しい機能を取り入れるのも早いため、新しいテクノロジーに敏感な人にとっては魅力的な選択肢となるかもしれません。

【Android 推奨】柔軟なファイル管理が必要な人

AndroidはiPhoneと違って、ファイルを直接操作できるため、ファイルの管理が柔軟で簡単です。

ファイルをダウンロードしたり、写真や動画を撮影したりした後、直接ファイルマネージャーでファイルを管理できるため、作業効率を上げることができます。

とくに普段からWindowsのパソコンを使っている方は、Androidスマホのファイルに直接アクセスできるためとても便利です。

以上のような特徴を持つ人は、Androidを選択することが望ましい場合がありますが、最終的には自分自身に合ったスマートフォンを選ぶことが大切です。

まとめ

以上の全てのことを踏まえて、最後にスマートフォンを選ぶ上で、iPhoneとAndroidのどちらを選ぶべきかを判断するための基準をまとめてみました。

iPhoneを選ぶときの基準

・Appleのエコシステムを重視する場合。
・セキュリティを重視する場合。
・カメラ機能を重視する場合。

Appleのエコシステムを重視する場合

  • Apple製品を使っている場合や、iCloudなどのAppleのクラウドサービスを利用している場合は、iPhoneを選ぶとエコシステムが統合されて使いやすくなる場合があります。
  • また、iPhoneはアップデートが早くリリースされるため、最新の機能を利用したい場合にも適しています。

セキュリティを重視する場合

  • iPhoneは、iOSという専用のオペレーティングシステムを使用しているため、セキュリティが強固であるとされています。

カメラ機能を重視する場合

  • iPhoneのカメラは、高画質で、特にポートレートモードや夜景モードなど、写真を美しく撮影するための機能が充実しているため、カメラ機能を重視する場合にも適しています。

Androidを選ぶときの基準

・カスタマイズ性を重視する場合
・広い価格帯で柔軟な選択肢を重視する場合

自由度の高いカスタマイズ性を重視する場合

  • Androidは、ユーザーが自由にカスタマイズできるため、スマートフォンの外観や機能を自分好みに変更できます。
  • 特に、スマートフォンの外観やホーム画面のデザインなどをカスタマイズしたい場合には、Androidが適しています。

広い価格帯での選択肢を重視する場合

  • Androidは、さまざまなメーカーから多様な価格帯のスマートフォンがリリースされているため、予算に合わせたスマートフォンを選ぶことができます。

以上は、iPhoneとAndroidを選ぶための基準の一部です。どちらを選ぶべきかは、個人の用途や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

本ブログのトップ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事が気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (13件)

コメントする

目次