アップル製品はAmazonがお得→詳しくはこちら

Povo(ポヴォ)サービス詳細まとめ(auにあってPovoにないもの)

2021年1月13日、KDDI(au)はドコモの『ahamo(アハモ)』、『ソフトバンクon LINE』に対抗した新しいプランPovo(ポヴォ)』を発表。ahamo、ソフトバンクon LINEと比べて何がどう違うのかを分かりやすく解説したいと思います。

Clubhouseの1時間当たりの通信量

楽天モバイルも新プラン!
20GB¥1,980円!

楽天モバイル無料にならない原因&対策

新型コロナ100%抑制サプリ5-ALA

目次

サービス開始日

2021年2月25日、KDDIと沖縄セルラーは、auのサブブランド『Pvo(ポヴォ)』のサービスが2021年3月23日(火)から開始になることを発表しました。

2021年323日()~
サービス開始

さらにPovoに関するサービスの詳細がいくつか分かりましたので追記致します。

  • 20歳以上を対象(20歳未満の人は申込不可)
  • SMSの利用可能
  • 契約事務手数料¥0円
  • 契約解約料金¥0円
  • 留守番電話サービスなし
  • 海外利用不可(今後対応あり)
  • auの家族割プラスは原則適用外
  • auのかえトクプログラムは継続可
  • スマイルハート割引は適用外
  • iPhone8未満、VoTLE非対応Andoridスマホは使用不可

対象年齢は20歳以上

Povo(ポヴォ)のサービスを利用するときの年齢制限が発表されました。

Povo(ポヴォ)を利用できるのは『20歳以上』の個人のお客様、となります。

20歳以上の個人のみ

つまり大学生であっても20歳未満の人はPovoを利用することができないということになります。

この年齢制限について、個人的には正直驚きました。

若者を主なターゲットとしているサービスだけあって、年齢制限を設けるにしてもせめて18歳以上というのであれば理解はできますが、20歳以上となると大学生でもPovo(ポヴォ)に加入できない若者もいるので少し残念なところではあります。

新型コロナ100%抑制サプリ5-ALA

新プランの概要

KDDI(au)が発表したPovo(ポヴォ)の概要がこちら。

概要Povo
料金¥2,480円/月
通信量20GB/月
契約方法オンライン
無料通話なし
回線4G・5G(5Gは夏から)
開始時期2021年3月
特徴専用アプリトッピングプラン

KDDI(au)が発表したPovo(ポヴォ)は、20GBのデータ通信容量を月額¥2,480円(税別)で利用できる内容となっています。

回線は4G、5Gに対応していますが、5Gの通信サービスは2021年 夏から開始される予定ですので、ahamo(アハモ)やソフトバンクonLINEよりも遅いスタートとなります。

契約はオンライン申込のみとされています。この点は、ドコモのahamo(アハモ)やソフトバンクのon LINEと同様、販売で必要となる経費を抑えることで割安な料金を打ち出してきたと言って良いでしょう。

サービスの開始時期は2021年3月予定となっています。(ただし5Gは2021年夏から開始)

さらにPovo(ポヴォ)がahamo(アハモ)やソフトバンクonLINEと違う最大の特徴は、『24時間データ無制限』というデータ通信の使い放題プランが用意されていることです。

Povo対抗楽天モバイルの料金明細を大公開

MNP転出手数料を完全廃止

KDDI(au)は新プランPovo(ポヴォ)を公表するとともに、他の通信事業者へ同じ電話番号で乗り換える際の転出手数料¥3,000円(税別)を2021年4月1日をもって廃止することも発表しました。

この時期の転出手数料無料化のタイミングは、auがPovo(ポヴォ)へ転出したいauユーザーを快く受け入れてくれていることを意味します。

au → Povo
乗り換え手数料¥0円

これまでのauは、UQモバイルへ乗り換えるときのMNP転出手数料が「無料」であり、UQモバイル以外の他通信事業者への乗り換え時は転出手数料が¥3,000円かかっていました。

これが完全撤廃されました。

MNP転出手数料は、以下の全ての窓口で無料となるようです。

  • 店頭での乗り換え
  • Webでの受付
  • お客さまセンター受付(電話対応)

転出が4月1日以降であれば、3月31日以前にMNP予約番号を取得した場合も対象となるようです。

MNP転出手数料の廃止については、総務省よりWeb手続きの場合は原則無料にするガイドラインの策定が進められていることから、ソフトバンクは2020年10月、ドコモは2020年12月に完全撤廃を発表していました。

ドコモ、ソフトバンクに続き、KDDI(au)がMNP転出手数料の無料化を発表。

楽天モバイルもあらゆる手数料が無料で乗り換えを受け入れる『ZERO宣言』なるものを打ち出しています。

そして楽天モバイルはなんとPovoの料金プランよりさらに安い20GB/月が¥1,980円(税別)で利用できる新プラン『UN-LIMIT Ⅵ』を2021年4月1日からスタートすることを発表しました!

楽天モバイルが打ち出した国内大手通信キャリアの中で最安のプラン、詳しくは以下の記事をご覧ください。

事務手数料¥0円

Povo(ポヴォ)に新規契約、もしくはauからの転入時の事務手数料は無料です。

事務手数料¥0円については、Povo(ポヴォ)だけではなく、ドコモのahamoやソフトバンクのLINEMO(ラインモ)も同様です。

事務手数料は無料

そもそも店舗を持たないブランドになるので、スタッフによる顧客対応がなくなる分、事務手数料が無料になるとは当然といえば当然です。

『au』アプリなどの移行・操作はすべて有料に!

これは私があるauショップの店員から実際に確認した話。

auドコモソフトバンクなどの大手通信キャリアは、2021年3月から機種変更時のデータ移行やアプリの操作に関するサポとをすべて有料化するようです。

ここでいうデータ移行とは『電話帳(連絡先)』の移行のことではなく、LINEなどのアプリの移行・操作のことを示します。

auやドコモ、ソフトバンクなどのお店では、これまで機種変更時もしくは使っている機種でのアプリの使い方などを無償でスタッフが対応していました。

しかし2021年3月からは、アプリに関することやLINEに関する問い合わせや操作に関してすべて有料になります。

店舗をもつキャリアではアプリの操作が有料に!

どういった内容のものがいくらで対応できるのか・・・といった細かい内容までは分かりませんでしたが、だいたい¥2,000円くらいということ。

ドコモもauもソフトバンクも横並びで同じ金額で有料化になるようです。

解約料金¥0円

新規加入時の事務手数料が¥0円であるように、Povo(ポヴォ)の解約時も手数料は一切かかりません。

これも店舗やスタッフの常駐がないオンライン契約がなせる仕組みといえます。

解約時の手数料¥0円

他キャリア新プランとの比較

ドコモとソフトバンク、KDDI(au)3社の新プランのサービスを比較してみるとこんな感じになります。

スクロールできます
概要ahamoPovoソフトバンク
onLINE
料金¥2,970/月
税込
2,480/月
税別
¥2,980/月
税別
通信量20GB20GB20GB
節約モード1Mbps1Mbps1Mbps
契約方法オンラインオンラインオンライン
無料通話5分間5分間
回線ドコモ
4G/5G
au
4G/5G
ソフトバンク
4G/5G
開始時期2021年3月2021年3月
5Gは夏
2021年3月
キャリア
アドレス
使えない使えない使えない
テザリング使える使える使える
特徴海外24H
データ無制限
トッピング
LINE無制限
特徴eSIMeSIM
特徴③端末購入なし端末購入なし端末購入なし
ドコモ・au・ソフトバンク 新プラン 比較

Povoより安い日本通信(格安SIM)

Povo対抗楽天モバイルの料金明細を大公開

月に利用できるデータ通信量は3社とも同じ20GBで横並び状態。超過分の節約モードでも3社同じ「1Mbps」となります。

>1Mbps できること・できないこと<

月データ通信量 20GB
(超過分 通信制限1Mbps

今回後出しじゃんけん的に発表されたKDDI(au)の新プランPovo(ポヴォ)の料金は、ドコモのahamo(アハモ)、ソフトバンクonLINEよりも¥500円安い月額¥2,480円(税別)となっています。

月額¥2,480円(税別)

通話について。ahamo(アハモ)やソフトバンクonLINEが5分間の無料通話サービスがあるのに対し、Povo(ポヴォ)には無料通話サービスはありません。

¥500円の追加料金で5分間の通話ができ、¥1,500円の追加料金で通話し放題となります。

無料通話なし
+¥500円で5分通話)

+¥1,500円で通話し放題)

回線については4G、5G通信に対応しており、5G通信については2021年の夏ごろから開始となります。

5G通信は2021年 夏から

Povo(ポヴォ)でauのキャリアメールアドレス(~@ezweb.ne.jp)は利用することはできません。もしauからPovo(ポヴォ)への乗り換えを検討している方は、auのキャリアメールアドレスが使えなくなることを前提にご検討ください。

これまでauのキャリアメールに受信してきた内容がpovo(ポヴォ)に乗り換えた後でも閲覧できるのかどうかについても今の段階で未定です。

auのキャリアメールは使えない

Povo(ポヴォ)ではテザリングの利用ができます。テザリングも20GBのデータ通信で行われますので、20GBのデータ通信量を消費してしまうと、1Mbpsの通信速度でテザリングを行う形となります。

テザリング利用可

Povo(ポヴォ)は『eSIM』を利用したデータ通信サービスも行う予定のようです。

つまりeSIMに対応した機種であれば、スマホだけではなくiPadなどのタブレットでも利用できると思われます。

ちなみにeSIMに対応したiPadは以下。

  • iPad 第7世代
  • iPad 第8世代
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad mini5
  • iPad Pro(11,12.9inch)

eSIM対応機種も利用可

Povo(ポヴォ)はデータ通信専用のサービスになるので、スマホ端末を新たに購入するプランもありません。

なので、今利用している機種端末(iPhoneやandroid)をそのまま利用する形になります。

スマホ購入はなし

対応機種

Povo(ポヴォ)で対応できる機種の概要が2021年3月8日の発表で分かりました。

auのVoLTEに対応している機種であること

もちろんiPhoneでもAndoridスマホもこのルールに則りPovo(ポヴォ)で使えるということです。

ただし、iPhoneについてはiPhone6s以降の端末が対象ということです。

つまりiPhone6sはPovo対応iPhone6はPovoに非対応ということになります。iPhone6より前のiPhoneも非対応です。

・iPhoneの対応機種

iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone SE(第1世代)
iPhone SE(第2世代)
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone X
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone 12 mini
iPhone 12
IPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max

最大の特徴

KDDI(au)の新プランPovo(ポヴォ)最大の特徴

それは『24時間データ通信使い放題』というトッピングサービスにあります。

povoトッピング プラン

どんなサービスかというと・・・

1回¥200円追加料金丸1日(24時間無制限でデータ通信が使い放題となるサービスです。

¥200円で丸1日
データ通信無制限

トッピング第1弾「24Hデータ使い放題」

つまり、利用者の日々のデータ通信の使い方に応じて、柔軟に料金設定を変更することができるということ。

例えばこんなときに便利

スマホで映画を観たいので1日だけ通信無制限で利用したい・・

今日は外出先からzoomを使ってオンライン会議をするから
データ通信量を無制限で使いたい・・・

wifiない環境でテレワークしたい・・・

Povo(ポヴォ)では『テザリング』も使えるので、パソコンを使ったオンライン会議などでも「24時間データ通信使い放題サービス」を扱うことができます。

また月後半に20GBの通信量を使い切ってしまった場合でも、月末までの残り数日を¥200円/日で『24時間データ通信使い放題プラン』を使うことで、通信速度制限に悩まされることなく最後まで快適な通信サービスを楽しむことができます。

そんなユーザーの都合のよい通信料金体系にフレキシブルに順応してくれるのがauの新たなプランPovo(ポヴォ)の独自の特徴です。

『今日は使いまくるぞ~!』という感じでデータ通信量をかなり使う日と、まったく使わない日の落差が激しい場合はPovo(ポヴォ)がすごく便利。

ahamoやソフトバンクonLINEのように固定されたデータ通信プランに強いこだわりをみせるサービスと比べると、とても魅力的なサービスに感じます。

24時間データ通信使い放題』のON/OFFの切り替えは、Povo(ポヴォ)専用アプリを使って行い、月に何度も制限なく利用できるようです。

24時間データ通信使い放題 ON/OFF

専用アプリ切替え

さらにKDDI(au)は、オプションサービスの第1弾として『24時間データ通信使い放題』のサービスを位置付けており、今後、24時間データ通信使い放題に続くトッピングサービスが続々と登場するようです。

専用アプリで利用できるサービスなので、わざわざ店舗に足を運んだり、サポートセンターへ問い合わせする必要もないPovo(ポヴォ)のトッピングサービス。

これからどんなサービスが出てくるのか、とても楽しみです。

Povoより安い楽天モバイルの料金明細

UQモバイルとの関係

今回発表されたKDDI(au)の新プランPovo(ポヴォ)の導入によって「UQモバイル」の立ち位置はどうなるのでしょうか?

2020年1月時点におけるUQモバイルの料金サービスの概要は以下のようになっています。

概要SプランRプラン
料金¥1,980円/月¥2,980円/月
家族割¥1,480円/月¥2,480円/月
通信量3GB/月10GB/月
節約
モード
最大
300kbps
最大
1Mbps
無料
通話
なしなし
2020年1月 UQモバイル料金表

この料金表から、少なくともUQモバイルよりもPovo(ポヴォ)の方が安くてサービスが充実していることが分かります。

UQモバイルがPovo(ポヴォ)との差別化を唯一あげるとするなら『店舗の有無』でしょう。

つまり、UQモバイルは今回のKDDI(au)の新プランPovo(ポヴォ)によって、来店しやすいシニア層をターゲットとしたサービスを充実させていくのではないかと思われます。

UQモバイル

シニア向けサービスへ

格安SIMが置かれる立場

KDDI(au)の新プランPovo(ポヴォ)に限ったことではなく、ドコモのahamo(アハモ)やソフトバンクonLINEなどの携帯大手キャリアが次々と発表した新プランによって、格安SIM(MVNO)の立場が危うくなってきています。

その理由は、ズバリ月々の料金設定が携帯大手3社の新プランとそんなに変わらないことです。

これまでドコモやau、ソフトバンクの回線を間借りして格安SIMのサービスを展開してきたMVNOは、月額の料金の安さが売りでした。

今までMVNOは携帯大手キャリアと月々の通信料金を比べて格段に安かったことで、多くのユーザーを獲得してきましたあ。

しかしここにきて携帯大手3社が導入してきた新プランの設定料金や中容量のサービスによって、その差がなくなってきました。

まして、通話や通信の品質においてMVNO(格安SIM)は携帯大手3社には歯が立ちません。

格安SIMを提供しているMVNOは、携帯大手3社による新プランの登場により、生き残りをかけた価格競争、もしくはサービス競争を強いられることは確実と思われます。

Clubhouse入門 何が楽しい?

auから乗り換え時Q&A

ahamoやソフトバンクonLINEに対抗しKDDI(au)から発表された魅力的なサブブランド『Povo(ポヴォ)』。

でもまだ分からないこと、知りたいことがたくさんあります。

例えば『au→Povo』の乗り換えを考えたとき、ふと浮かぶこんな素朴な疑問。

疑問

auで購入した端末代金の支払いがまだ途中でも
Povoへ乗り換えできるのかな・・・・

疑問

PontaのポイントはPovoで付くの?

疑問

auで使えていたセルラータイプのApple Watchは
Povoでも使えるの?

とまあ、こんな感じでPovoについてまだまだ分からないことがたくさんあるわけです。

そんな素朴な疑問をauの『サポートセンター』に問い合わせしたところ以下のような返答がありました。

Povoへの乗り換えの条件や乗り換え後の機種代金のお支払いについては、まだ確定しておらず、お伝えできる情報がない状況でございます。
サービス開始は、2021年3月を予定しており、お申込み手順などを含めた詳細については、情報が確定次第以下のPovoホームページで公開させて頂きます。
恐れ入りますが、いましばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。

auサポートセンターより(2021/01/14)

auサポートセンターと実際にやりとりした画面がこちら。

auサポートセンターとのPovoに関するやりとり

つまりPovoへの乗り換えを考えている方は、Povoのホームページを気にかけて見る必要があります。

Clubhouse入門 何が楽しい?

auにあってPovoにないもの

ここからは2021年2月25日に発表されたPovo(ポヴォ)の詳しいサービス内容をみて、auにあってPovo(ポヴォ)にないものをまとめてみましたのでご覧ください。

留守番電話サービスはナシ

Povo(ポヴォ)は留守番電話サービスに対応していません。

国際での通信通話の利用はできない

Povo(ポヴォ)を使った海外での通話、通信を行うことはできません。

ただし、今後海外でのPovo(ポヴォ)サービスの利用ができることになる可能性は十分にあります。

auの家族割プラスは原則引き継げない

auの『家族割プラス』はPovoに乗り換えると引き継げません。

そのため現在auの家族割プラスで契約している人は注意が必要です。

ただし、2021年夏(具合的な期日は未発表)までに申し込みすれば『早期申込特典』として家族割の対象になるようです。

とはいえ、月額の支払額が家族割プラスを適用していても¥2,480円を超えているようであればPovo(ポヴォ)への乗り換えを検討する余地はあります。

au家族割プラス→ 適用外

スマイルハート割引は適用外

auのスマイルハート割引の対象の方は、Povo(ポヴォ)に乗り換えると割引がなくなります。

スマイルハート割引とは、auが独自に行っている障がいがある方に向けた「基本料金・通話料金」を割り引くサービスです。

  • 基本料金 ¥370円割引
  • 通話料金 20~50%割引
  • SMS料金 20~50%割引

>>スマイルハート割引の詳細

Povo(ポヴォ)に乗り換えるとスマイルハート割引が適用されなくなるのでご注意ください。

auにあってPovoにもあるもの

auからPovo(ポヴォ)に乗り換えるときに気になるのは、今利用しているauから受けているサービスをそのまま適用されるかどうかということです。

auから利用しているサービスでPovo(ポヴォ)でも引き続き利用できるサービスをまとめてみましたのでご覧ください。

SMSの利用ができる

SMS、いわゆる電話番号を使ったショートメールはPvo(ポヴォ)でも利用することができます。

料金は、1送信あたり¥3円かかります。制限文字数は70文字となっています。受信する場合の料金はかかりません。

auかえトクの継続可

auで分割払いで購入した機種の残高が残っていて『auかえトクプログラム』で契約している方がpovo(ポヴォ)に乗り換える場合、auかえトクプログラムはそのまま引き続き行われます。

auかえトクプログラム

Povoでも継続

auのかえトクプログラムとは、簡単にいうと『25ヵ月目でauに機種を返却することで月々の端末本体の分割料金を安くする』というサービス。

このプランはPovo(ポヴォ)に乗り換えた後も引き継がれるので、いきなり月々の端末分割料金が値上がりすることもなく、もちろん急に一括払い!などの心配をする必要もありません。

かえトクプログラムは継続となります。

まとめ

今回発表されたKDDI(au)の新プランPovo(ポヴォ)は、ドコモのahamo(アハモ)やソフトバンクonLINEよりも¥500円も安い料金設定。

無料通話には追加料金が必要ですが、丸1日データ通信を無制限で追加できる通信トッピングプランを利用することで、日々の生活スタイルにフレキシブルに対応できるPovo(ポヴォ)の姿勢はとても賛同できるとともに、ahamoやソフトバンクonLINEに充分対抗できる魅力的なサービスだと思います。

Povo対抗楽天モバイルの料金明細を大公開

Clubhouse入門 楽しみ方

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (3件)

MVNO 20GB/月超激安SIM|LIBMO(リブモ)のサービスが良い理由(初期費用,解約手数料など) | ガジェキンブログ|最新iPhoneを取り巻くお得な情報サイト へ返信する コメントをキャンセル

目次
閉じる