Amazon即配送⇒iPadmini6

Air Pods ProがNETFLIXに最適である空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキングを徹底解説

2021年9月、ついに第3世代のAir Podsが正式に発表され、引き続き2022年には第2世代のAir Pods Proが発表されるという噂が絶えないこの頃。

Apple AirPods Pro

もとよりiPhoneユーザーである筆者は、5年前の2016年に発売した初代Air PodsからAir Podsが持つiPhoneとの親和性とワイヤレス接続による快適な使い心地にドップリとハマり、現在ではAir Pods Proを毎日のように使っています。

Air Pods Proの実用性と本音

Air Pods Pro 第1世代

Air Pods Pro用低反発チップ

Air Podsシリーズの良さは耳に装着したタイミングですぐにiPhoneと接続されること。もちろんiPadとの併用もできますし、iPhoneからiPadへ、iPadからiPhoneへの切り替えだってシームレス(=途切れなく繋がること)。

  • 他社イヤホンを寄せ付けないiPhoneとの自動接続の良さ

Air Pods Proではノイズキャンセリングの機能をフルに活用して、人が多いカフェや通勤ラッシュ時の電車のホームや電車の中でも、iPhoneやiPad片手にNETFLIXやAmazonプライムビデオの「映画」や「アニメ」や「ドラマ」、YouTubeの動画を騒音を気にせず楽しむことができます。もちろんSpotifyなどの音楽ストリーミングにも最適。

  • Air Pods Proのノイズキャンセリングなら移動中でも臨場感ある動画鑑賞

とにかくAir Pods シリーズはiPhoneユーザーにとって至れり尽くせりの最適なワイヤレスイヤホンであることは間違いありません。

Air Pods Pro 低反発イヤーチップ

そしてここからが本題。

Air Pods Proには『空間オーディオ』と『ダイナミックヘッドトラッキング』と言われる、さらに音に拘ったすばらしい機能が搭載されています。

今ならAir Pods Proが楽天で最安

このAir Pods Proに搭載されている2つの機能「空間オーディオ/ダイナミックヘッドトラッキング」が普通のAIr Podsや他社イヤホンと比べて何がどう凄いのか、空間オーディオに対応したNETFLIXで映画やアニメを鑑賞した筆者の感想を踏まえて分かりやすく解説したいと思います。

目次

空間オーディオ

Air Pods ProにはAir Podsにはない「空間オーディオ」という機能が備わっています。

最安値に挑戦!【未開封 正規品】Apple AirPods Pro [Sランク] 送料無料

この空間オーディオが搭載されたAIr Pods Proで音楽や映画を鑑賞すると、音が自分を中心に360°どの方向からも聴こえてきます。自分を取り囲むようにどの方向からも音が聞こえてくる現象を「サラウンドサウンド」といいます。

Air Pods Proに搭載されている空間オーディオは、まさにこのサラウンドサウンド現象を体験できる機能なんです。

Apple AirPods Pro

空間オーディオで体験するサラウンドサウンドのイメージがこちら。

空間オーディオがOFFのとき。

空間オーディオOFF

空間オーディオがONのとき。

空間オーディオON

空間オーディオはiPhoneやiPadでON/OFFを切り替えることができます。

しかし気になるのは、空間オーディオはどんなiPhoneでもiPadでも対応しているのだろうか…という点。

そこで2021年9月時点における空間オーディオに対応したアップル製品をまとめてみることにします。

空間オーディオに対応しているiPhone,iPad

空間オーディオに対応しているiPhoneとiPadはこちら。

上記のiPhone、iPadで空間オーディオを利用するためにはiOSを14以上にバージョンアップしておく必要があります。ちなみにiPhone SE(第2世代)は空間オーディオには非対応ですので注意してください。

空間オーディオ対応イヤホン

空間オーディオはApple独自の機能になるため、基本Air PodsシリーズとBeats製品に対応し、その他のイヤホンは対応していません。

2021年9月現在で空間オーディオに対応しているイヤホンは以下になります。

ちなみにBeats Studio Budsならノイズキャンセリングにも対応し、Air Pods Proよりもお手頃な値段で購入することができるのでオススメです。

また今後発表されるだろうAir Pods 第3世代やAir Pods Pro 第2世代には空間オーディオが搭載される可能性は濃厚です。

空間オーディオ対応コンテンツ

空間オーディオを体験するには空間オーディオ対応のiPhoneやiPadが必要ですが、視聴する音楽や映画の配信コンテンツも空間オーディオに対応している必要があります。

2021年9月時点で空間オーディオに対応しているコンテンツはこちら。

Apple TVやApple MusicはApple純正のコンテンツなので空間オーディオに対応することは当たり前でしょう。

しかしApple以外のコンテンツとしてどこよりも早く「NETFLIX」が対応したことに驚きました。

これまでAmazonプライムビデオ一筋でいた筆者も、空間オーディオに対応した動画コンテンツが出てきたとなると体験したくならざるをえなく、2021年8月よりNETFLIXを利用し始めました。

しかも面白いことに、Apple TVでさえ視聴する作品によって空間オーディオに対応していないものもある中で、NETFLIXでは公開されている全作品が空間オーディオに対応しているんです。

NETFLIXは全作品
空間オーディオに対応

このNETFLIXの勢いはきっとiPhoneユーザーをどんどん巻き込んで、さらにシェアを伸ばしていくと筆者は確信しています。(何せ空間オーディオが凄いんだから・・・)

ダイナミックヘッドトラッキング

「空間オーディオ」の認知度については、iPhoneユーザーであればそこそこ耳にしたことがある方は多くいるかと思います。

筆者もAir Pods Proを購入してしばらくして空間オーディオという言葉に触れ、はじめて空間オーディオで映画を鑑賞したときの臨場感あふれる音の広がりにとても驚きました。

では「ダイナミックヘッドトラッキング」という機能についてはどうでしょう。iPhoneユーザーであってもなかなか聞きなれない言葉だと思います。

実はこのダイナミックヘッドトラッキングという機能も、空間オーディオに引けを取らないくらい音の聴こえ方に拘った機能であることが分かりました。

ダイナミックヘッドトラッキングを一言でいうと、

頭の動きに合わせ
音が移動する機能

筆者がこのダイナミックヘッドトラッキングの機能に初めて気づいたのは、2021年7月空間オーディオに対応したNETFLIXで映画を電車の中で鑑賞しているときでした。

仕事帰りの電車の中でいつものようにAir Pods ProをつけiPhoneでNETFLIXの映画を鑑賞していたときのこと。

空間オーディオをONにしているため、人がごった返し学生が大声で会話している電車の中でもAir Pods Proなら落ち着いて映画に集中することができます。

ふと次の駅が気になり車窓の外の様子を見ようとiPhoneを覗いていた頭を上げ周囲を見渡したその時、

あれ? 音が正面から聴こえてくるぞ・・・?

まるで耳に音がまとわりついてくるかのような感覚。膝下に置いたiPhoneから発せられる映画の音は、とにかく頭を上下左右に動かしてたとしても常に音が正面に回り込んで聴こえてきます。

この体験には空間オーディオを初めて経験したとき以上の感動を覚えました。

そこで改めて空間オーディオだけでは成立しないこの現象について調べたところ、筆者は「ダイナミックヘッドトラッキング」という機能がAir Pods Proに搭載されていることを知りました。

ダイナミックヘッドトラッキングを「ON」にした状態で音楽や映画を鑑賞すると、頭をどんな向きに動かしても常に音が周り込んで聴こえてくるため、左の耳から右の耳へ、右の耳から左の耳へと音が移動するのが分かります。

このダイナミックヘッドトラッキングは一度でも体験してしまうと、Air Pods Pro以外のイヤホンを使うことを躊躇ってしまうほど存在感を持った機能。

最安値【未開封 正規品】AirPods Pro [Sランク] 送料無料

イヤホン業界の「革命」といっても決して大げさではないと筆者は思います。

Air Pods Pro と充電ケース

さらにダイナミックヘッドトラッキングは空間オーディオと組み合わせることでその威力は一層増します。

空間オーディオで外部音を遮断し静寂の中で聴く音のすばらしさ。それだけでも十分満足なのに届く音の全てが頭の左右の動きに合わせ移動するリアルさをダイナミックヘッドトラッキングで補うことで、さらに迫力ある臨場感たっぷりのサラウンドサウンドを楽しむことができます。

Air Pods Proならこの革新的2つの機能を同時に組み合わせて体験することができます。

Air Pods Proで空間オーディオ+ダイナミックヘッドトラッキング

またダイナミックヘッドトラッキングは、Air Pods Pro、もしくはAir Pods Pro Maxに搭載されたジャイロスコープと加速度センサーのデータを解析しユーザーの頭の向きを検知するという仕組みになっているのですが、視聴するコンテンツ側もダイナミックヘッドトラッキングに対応していなければ成立しません。

ダイナミックヘッドトラッキング対応iPhone,iPad

ダイナミックヘッドトラッキングに対応しているiPhoneとiPadはこちら。基本、空間オーディオが利用できるiPhoneとiPadならダイナミックヘッドトラッキングにも対応しています。

  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro/11 Pro Max
  • iPhone 12mini/12/12 Pro/12 Pro Max
  • iPhone 13シリーズ
  • iPad 第6世代
  • iPad 第7世代
  • iPad 第8世代
  • iPad mini 第5世代
  • iPad mini 第6世代
  • iPad Air 第4世代
  • iPad Pro 11インチ シリーズ全て
  • iPad Pro 12.9インチ シリーズ全て

上記のiPhone、iPadでダイナミックヘッドトラッキングを利用するためにはiOSを14以上にバージョンアップしておく必要があります。ちなみにiPhone SE(第2世代)はダイナミックヘッドトラッキングには非対応ですので注意してください。

ダイナミックヘッドトラッキング対応イヤホン

2021年9月時点におけるダイナミックヘッドトラッキングに対応しているイヤホン、ヘッドホンは以下の2つだけ。

ただし今後発表されるだろうAir Pods 第3世代やAir Pods Pro 第2世代にダイナミックヘッドトラッキングが搭載されることは間違いないでしょう。

ダイナミックヘッドトラッキング対応コンテンツNETFLIX

2021年9月時点におけるダイナミックヘッドトラッキングに対応しているコンテンツはこちら。

なんとNETFLIXだけがAmazonプライムビデオやfuluなどの数ある動画配信コンテンツを差し置き、空間オーディオだけでなくダイナミックヘッドトラッキングにも対応しています。

空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキングのそれぞれの特徴は前章で熱く解説しましたが、改めてこの革新的な2つの機能を組み合わせて観る映画やドラマはもちろん、アニメのキャラクターが話す音声さえ、非常に立体的かつ耳元で囁かれているようなリアリティを感じることができます。

まとめ

Air Pods ProNETFLIXに最適とされる「空間オーディオ」、そして「ダイナミックヘッドトラッキング」について解説してみました。

最後に今回の記事をまとめてみるとこんな感じです。

「空間オーディオ」とは、聴いているユーザーの周囲を取り囲むように360°どの方向からも音が聞こえるサラウンドサウンド現象を生み出す機能。

「ダイナミックヘッドトラッキング」とは、聴いているユーザーの頭の動きに合わせて音が移動する機能。

「空間オーディオ」と「ダイナミックヘッドトラッキング」の両方の機能を搭載したイヤホンやヘッドホンはAir Pods ProAir Pods Pro Maxの2機種のみ。

「空間オーディオ」と「ダイナミックヘッドトラッキング」の両方に対応したコンテンツはApple TV以外にNETFLIXのみ。(2021年9月時点の話)

空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキングを組み合わせて鑑賞できるNETFLIXの映画のシーンでは、音が後ろから迫ってくるような臨場感やド迫力、そして声優や俳優の声が立体的に聞こえてくるリアリティを体験することができます。

iPhoneやiPadを持っている方で、すでにNETFLIXを契約している方はこの機会に是非Air Pods Proを検討されてみてはいかがでしょうか。

最安値【未開封 正規品】Apple AirPods Pro [Sランク] 送料無料

逆に筆者のようにAir Pods Proをすでに使っていてまだNETFLIXを体験したことがない方は、是非NETFLIXを一度試してみてください。

これまで以上にNETFLIXで映画やドラマ、アニメをより楽しく鑑賞することができると思います(^^♪

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる