Amazon即配送⇒iPadmini6

シエラブルーiPhone13Pro最速レビュー

iPhone13Proのシエラブルー、一体どんなカラーでどんな見た目なのか気になる方多いかと思います。
そこで今回、2021年9月24日(金)発売日に届いたiPhone13Pro シエラブルーの外観についてガッツリレビューしたいと思います。

シエラブルーの美しさを活かすケース

では早速いってみましょう。

目次

iPhone13シリーズのカラー

iPhone13Proで新しく登場した『シエラブルー』という新色。一体どんなカラーなのか?とその前にiPhone13シリーズのカラーについて改めてまとめてみておくことにします。

iPhone13全てが分かる16の新機能

iPhone13シリーズのカラーはiPhone13miniと13は5色、iPhone13Proと13ProMaxは4色の展開となっています。

iPhone13mini,13の5色カラー

まずは13miniと13の5色カラーを並べてみるとこんな感じです。

スクロールできます
スターライトピンクレッドブルーブラック
iPhone13mini,13の5色

先代のiPhone12mini,12のポップなカラーリングをそのまま引き継いだコンセプトで、中でも新色の「ピンク」のカラーについては多くのYouTuberが日本の伝統文化の趣を感じるような「桜色」っぽい色味と絶賛しています。

iPhon12miniのカメラ デメリット

桜色のiPhone13

iPhone12miniを使っている筆者にとっては「ブルー」のカラーが気になるところ。12シリーズのブルーよりも淡い色のブルーで、個人的にはジーンズっぽい少し色あせた感のブルーに写りとてもいいカラーだと感じました。。

ジーンズっぽいブルー

iPhone13Proのカラー

iPhone13Proのカラーは全部で4色。

  • シルバー
  • ゴールド
  • シエラブルー
  • グラファイト
スクロールできます
シルバーゴールドシエラブルーグラファイト
iPhone13Proシリーズの4色

13Proと13ProMax基本性能の違い

どれも高級感あるカラーですが、今回筆者が購入したのは新色の『シエラブルー』。
その外観をみていくことにします。

開封

iPhone13Proのシエラブルーが手元に届きました。厚みが薄く小型の梱包で郵送されてきました。到着したのは2021月9月24日(金)、iPhone13シリーズの発売日当日にゲット。

段ボールを空けると四隅しっかりとiphone13Proが梱包されています。

しっかり梱包されている13Pro

段ボールから取り出すとこんな感じ。Proシリーズの箱の色はブラック、正面のiPhone13Proデザイン部分の表面が少し盛り上がっていて拘りを感じます。

iPhone13シリーズからビニールのラッピングがなくなり、箱裏の上下の矢印部分を剥がすことで開封することができるようになりました。

13Pro 箱の開け方

開封するとこんな感じ。

開封その1
開封その2

iPhone13Proの画面ディスプレイには紙素材のシールが丁寧に貼られていて、シール正面の両サイドにはさりげなく電源ボタンや音量ボタンの位置を示す小さな印が施されています。印のサイズ感も小さくてアップルのセンスの良さが見て取れます。

開封その3

中身を取り出すと、iPhone本体以外にはいつもの充電ケーブルとSIMピン、アップルマークのステッカーが付属されています。電源アダプタは環境を配慮しiPhone12シリーズと同様同梱されていません。

13Proの付属品

シエラブルーの由来

iPhone13Proシリーズで新しく加わったカラー『シエラブルー』。
そもそもシエラブルーという名のカラーは存在せず、アップルが作ったカラー名になります。

シエラブルーの『シエラ』とは、アメリカ合衆国カリフォルニアに位置する『シエラネバダ山脈 』から由来しています。
カリフォルニア州東部の南北に走る全長650kmに渡る巨大な山脈。スペイン語で“雪に覆われた山脈”という意味をもちます。

シエラネバダ山脈

写真でみる限りとても綺麗な山脈で、その背景には青く透き通った空が広がっています。

シエラブルーの美しさを活かすケース

iPhone13Proのシエラブルーはこの透き通るようなブルーをカラーをイメージしているのではないかと言われています。

新色シエラブルー外観

iPhone13Pro本体を様々な角度からその外観を見てみることにします。

今回シエラブルーという独特のカラーの特徴を分かってもらうために、iPhone13Proシエラブルーの外観を「室内」と「屋外」それぞれで撮影してみました。

シエラブルーというカラーは、光の加減により色の見え方が大きく変わる特徴があります。

室内

室内でシエラブルーのiPhone13Proを観たときの印象はこんな感じ。室内では正面から光を当てるとほんのりとした淡い水色、光が当たらない場所では少しシックなブルーに見え方が変わります。

iPhone13Proシエラブルー
シエラブルー室内その1
シエラブルー室内その3

▼フレームはステンレス製で光沢があり非常に高級感があります。

シエラブルー室内その3

次に「屋外」でシエラブルーがどのような見え方になるのか見てみます。

屋外

晴れた屋外でiPhone13Proのシエラブルーを撮影してみました。

シエラブルー屋外その1
シエラブルー屋外その2
シエラブルー屋外その3

屋外では光の加減により背面のアップルロゴが全く見えなくなります。これはシエラブルーの特徴というよりマットなガラスが影響していると思われます。角度によって無印のiPhoneに見えるところも素敵だと思いました。

シエラブルー屋外その4
シエラブルー屋外その5

カメラレンズはiPhone12Proのときよりもさらにサイズが大きくなっています。タピオカカメラと言われていた風評もどこへやら。3眼のカメラレンズはいまや世界のiPhoneを示す大きな象徴となっています。

シエラブルーの美しさを活かすケース

シエラブルー屋外その6

カメラレンズ

iPhone13Proシリーズに搭載されているカメラレンズはiPhone12Proシリーズのレンズよりも数段サイズが大きくなっています。

筆者が持つiPhone12miniのレンズと比べてもご覧のとおり、13Proのレンズは一回り大きいのが確認できます。

iPhone12mini撮影写真に謎の光

13Pro,12miniカメラサイズ比較

iPhone13Proのカメラレンズが大きくなったことで、3つのレンズの土台となる部分のサイズも大きさを増しています。

iPhone13Pro カメラレンズ

iPhone13Proのカメラレンズはその径サイズが大きくなっただけでなく、背面表面からの出っ張りもさらに増しました。

13Pro出っ張るカメラレンズ1
13Pro出っ張るカメラレンズ2

なのでiPhone13Proの購入をこれから検討されている方は、カメラレンズをきちんと保護してくれるケースを準備することをオススメします。

レンズ周囲を完全保護する裸族ケース

フレーム

iPhone13ProのフレームはiPhone12Proシリーズと同様「ステンレス」でできています。
そのため光に当てるとご覧のように光を反射しとても高級感があります。

ただProに関してよく言われるステンレスフレームの唯一の欠点、「指紋の目立ち」については解決していないよう。
室内で観てもご覧のように付着した指紋が目立ちます。

シエラブルーのステンレスフレーム3

これから悪いことをしようと企んでいる人はiPhone13Proを使うとすぐ足がついてしまうのでオススメしません。(笑)

とはいえケースを付けてしまえばフレームに指紋や汚れも付着しませんし目立ちもしません。見た目や汚れが気になる方は、ケースを装着することが必要でしょう。

iPhone13Proオススメケース

まとめ

iPhone13Proのシエラブルー、一体どんなカラーでどんな見た目なのか気になる方多いかと思います。
そこで今回、2021年9月24日(金)発売日に届いたiPhone13Pro シエラブルーの外観についてガッツリレビューしてみました。

新色シエラブルーが気になっている方は是非ご覧ください♪

本ブログでは最新iPhoneを取り巻くお得なガジェット情報を発信しています。もしよろしければ以下リンク先からご覧頂けると幸いです。よろしくお願いいたします。

最新iPhoneを取り巻くお得な情報ブログ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (10件)

コメントする

目次
閉じる